熊本地震の災害を喜ぶ?中国の書き込み…「祝」「バーゲンセール」…信じられない!

「日本の大地震を祝い、
今日からバーゲンセールを
実施します」
これは、調理機器の企業。

「さらに大きな地震が
くれば価格はもっと安くします」
これは、自動車販売店。

これが、中国のネット上で
流れたPRメッセージだという。

スポンサーリンク


「信じられない」!!貴方は許せますか?

「日本沈没なら在庫一掃セールだ」
これは「隣国の災害を喜ぶ」企業の地震記念セールの書き込み。
日本への敵意と憎悪を感じずにはいられない、ひどい内容だ。

・「日本の大地震を祝い、当社の製品を格安価格で提供します」

・「余震が続けばキャンペーンは継続。もしマグニチュード9の地震が起こればさらに値引き。日本が沈没すれば、わが社の全商品を提供いたします。」

・「日本の地震をお祝いします。3日間、私どものディーラーでお車の購入予約をしていただくと、とてもお得な価格で提供いたします。」
・「日本の大地震を心からお祝いします。」

信じられません!
耳を疑うとは、正にこのこと。
もう、考え方が千差万別どころのレベルではない。
こんな中国、貴方はどう思うだろうか?

背景にあるもの…反日教育と南京大虐殺

長年の反日教育は、これまでにひどいメッセージを書かせるのか、とちょっと驚く。
私は、あまり詳しくはないが「南京大虐殺」という歴史のワードがある。

南京大虐殺
日本軍が、中国軍の捕虜、敗残兵、便衣兵、そして南京城内の一般市民などに対して、戦時国際法に違反した殺傷等の行為を行ったとされる事件…ウィキペディアより

事実は、どうか今となってわからないし、私にはいう権利もない。

スポンサーリンク

さらに書き込みには、震災当時、日本にいた中国人観光客が救出されたことに対して「漢奸」と呼び『助ける必要はない」と突き放す声もあったという。
※漢奸=(かんかん、ハンジェン)とは、漢民族の裏切者・背叛者のことを表す。

そこまでくると、同じ中国人なんだから、せめて助かったことを喜んであげてよ、と言いたくなる。

ただ、日本人として言わせてもらえば…

政府開発援助というのがあって過去には…以前は中国はその対象になっていたらしい。

…更に日本が2国間援助の累積総額で1番援助している国は中国であり、2007年度末までに、円借款:約3兆3165億円、無償資金協力:約1510億円、技術協力:約1638億円の資金援助を行っており…byウィキペディア

過去にはオタクの国に私達の税金を使って援助もしてたんだよ、と…

現在は、中国人の観光客は年々増えている。
2014年には303万人日本に来ているという。
「爆買い」など、日本の経済にかなりの影響を与えてる

それほど嫌っているのなら、これほどの観光客が日本に来ることもないはずだ。

もちろん、こういうことを言うのは、ほんの一部と認識しているが…
ただ、冷静になって考えれば、やはり、こういうのは、よくない。

さすがにネット上もこういう書き込みの対して「中国人の恥さらし」「こんなに悪辣(あくらつ)で下品なやつらは人間とはいえない」「最低の道徳すらないゴミたち」「(反日の)洗脳で価値観が狂ってる」という書き込みもあるという。

お互いに言うこと、結構きついね…



フォローする

スポンサーリンク