角打ちってなに? マツコ&有吉の怒り新党で紹介!

角打ち(かくうち)?
聞きなれない言葉だ。
主に北九州や関東地方で使われる。

東北や北海道では「もっきり」
という言葉のほうが一般的。

スポンサードリンク


角打ち

酒屋の店頭で酒を立ち呑みする事。

もともと酒屋は酒を販売する所で、
呑ませる所ではない。

酒を呑ませるところは呑み屋である。

その酒屋で、
秤売り用の酒を、枡を借りてその場で
立ち呑みしていたのが始まりらしい。

何故「角」か?

江戸時代の講談師が講談の中で
枡のことを「角」と言ったからとか?

舛で酒を呑む場合、
角の部分を口に当てて呑むからとか?

何故「打ち」か?

こちらは有力な説は無いようだが、
酒を呑む時の音の表現
「ごく、ごく、ごく」と、
木の札を打ち付ける時の
「こん、こん、こん」の響きから
「打つ」になったというのが主流。

ちなみに、
「飲む」は液体をのむ時に使うが
「呑む」は「がぶがぶのむ様子」
を表すときに使う。

角打ちは、
酒屋の一角であわただしく
酒を呑むのだから「呑む」という
表現のほうが相応しいと思う。

もっきり

お酒をグラスになみなみと注ぐ
「盛り切り」が転じたもの。

東北のある地方では、
グラスになみなみと注いだだけでは
「グラス」と言う。

こぼれても良いように、
グラスを枡の中に入れ、
敢えて酒をこぼすのが
「もっきり」だとか。

グラスの酒を呑み終わった後に
枡にこぼれた酒をグラスに入れて
呑むというのが醍醐味らしい。

そして、
この「もっきり」を呑ませてくれる
酒屋のことも「もっきり」と言う。

「もっきり」は東北弁だ、
いやいや北海道弁だとかいう論争も
あるようです。


新・三大後世に残したい角打ち酒屋

・福岡県北九州市折尾地区の高橋酒店
冷蔵庫から好きな酒を取り、
お金を払って飲むというシステム。
酒のつまみは市販品だが激安。

朝9時から営業で年中無休。
月~土は9:00~21:00
日・祝は9:00~19:00

・神奈川県川崎市幸区の新川屋酒店
ここも冷蔵庫から好きな酒を取り
お金を払って飲むというシステム。

特筆すべきは料理。

手作り料理が常時20種類以上。
中にはハンバーグ等もあり、
お酒があまり呑めない人でも楽しめる。

夕方5時までは通常の酒屋として
営業しているので注意。

月~土は17:00~22:00
日・祝は9:00~20:30
不定休

・東京都千代田区内神田の藤田酒店
初心者でも入りやすい角打ち入門店。

日本酒40種、焼酎30種と充実の品揃え。
コンビニではお目にかかれない
瓶ビールがあるのも魅力。

おつまみは、駄菓子やスナックがメインで
種類も豊富。

18:00~21:00
土・日・祝日定休

の3店を紹介していた。

番組で紹介していたのは
「後世に残したい角打ち酒屋」だったが
角打ち(もっきり)は
「あなたのまち」にもきっとあるはず。

是非探求してみてはいかが?

記事下アドセンス




フォローする

すぽんさーリンク



角打ちってなに? マツコ&有吉の怒り新党で紹介!