1秒タオル?世界が欲しがるメイド・イン・ニッポン!~所さんのニッポンの出番 …これは欲しい!

1秒タオル?
丸い固まりを水に入れたら
1秒でタオルに変身?

なんか、昔そんなもの
有りましたよね…

スポンサーリンク


いやいや、この1秒タオルは、違います。
1cm角に切ったタオルを水に浮かべたときに、1秒以内に水中に沈み始めるタオルのことなんです。

「ホットマン」という会社が、自社の独自の基準に適合したタオルに与えた登録商標で、今までにない抜群の吸水性を有しています。

一秒タオルの特徴

楽店市場の⇒井上百貨店

売り切れ続出中みたいですが… ↑ 取り扱っているネットショップです。

吸水性だけでなく、耐久力も高いという評判のタオル、その特徴は…

・原料にこだわり
そのタオルは、原料となる綿にも最高のこだわりを持って織り上げ、洗いに最適な地下水を使い4~5時間かけて不純物を取り除くという、手間と時間を惜しまずに作られます。

・長持ちする
タオルなのに柔軟剤は必要なく、洗剤のみでの洗濯で5年、10年とそのしなやかな風合いと品質を保つといいます。

・使いやすい
非常に高い吸水性なので、お風呂上りの敏感なお肌、シャンプーあとの髪、赤ちゃんにもやさしく快適に使えるそうです。

スポンサーリンク

このタオル、TBSの「世界が欲しがるメイド・イン・ニッポン!~所さんのニッポンの出番」という番組で紹介され、たちまち話題になりました。

「一秒タオル」とは、わかりやすいネーミングですね。
実は2013年に日刊工業新聞社「お客様が選ぶネーミング大賞」の第3位になったとか…。

バスタオルといえば、大体2~3千円というイメージですが、この1秒タオルシリーズは4千円台から1万円台。
チョット高めかなと思われますが、その抜群の吸水性を見れば誰しもが納得という所です。

ちなみに1秒タオル認定シリーズはHPで見る限りこの現在13シリーズ。

・ふふら
・ホットマンカラー
・ギザカラー
・ホットマンジャカード
・ボーダー
・プレジール
・ブティ
・リアン
・カラーシャーリング
・クレール
・マーシャ
・モコベビーⅡ
・かくれんぼ

ホットマンの商品全部が、1秒タオルというわけではないようです
もちろん、1秒タオル以外の商品もかなりのすぐれもののようです。

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

すぽんさーリンク