アカデミー賞ノミネートだけで「ギフトバッグ」の中身がすご!

2月27日、
第89回アカデミー賞が開催される。

言わずと知れた、世界最大最高の映画の祭典。
さて今年は、どんなドラマが展開されるのだろうか?

アカデミー賞はノミネートされるだけで
貰えるギフトバックがあるそうだ。

それが、実は、すごいらしい…

スポンサーリンク


アカデミー賞の賞金は?

映画界最高の名誉であるアカデミー賞、さぞかし賞金も高額なのだろうと思いきや、なんとその額・・・0円!
貰えるのはオスカー像だけ。

でも、その名誉・・・プライスレス!(どっかのCMで聞いたセリフ?)
アカデミー賞を受賞すると、その後のギャラは桁違いに跳ね上がるそうだ。

実際、アカデミー賞受賞前と後で、映画1本あたりのギャラが3,000倍になった俳優もいたらしい。
この名誉に見合う賞金額なんて、値段の付けようもないのだろう。

ノミネートされるだけで貰えるギフトバックがすごい!

アカデミー賞受賞者は勿論の事、ノミネートされただけでお土産が貰えるって知ってるだろうか?
それが「ディスティンクティブ・アセッツ」というマーケティング会社がノミネートされた候補者に贈るギフトバッグだ。

その中身が驚き!
ほんの一部を紹介すると…

・イスラエル10日間旅行(約600万円)
・日本15日間旅行(約500万円)
・アウディ1年間レンタル(約500万円)
・ウルトラセラピー(約60万円)
・究極のトイレットペーパー(約3万円)
・豪華エステ(約54万円)
・自宅にサウナ設置(約57万円)
・フェィスブラシセット(約1万円)
・一流ホテルのギフト(約100万円)
・M&Mのスイーツ(約3万円)
・高級スキンクリーム一生分(約350万円)

ほんとに、これがほんの一部らしい…

等々、金額はピンからキリだが、とにかくノミネートされただけでも桁違いのお土産だ。

オスカー像の金額は?

アカデミー賞受賞者に贈られるオスカー像。
下世話な話で申し訳ないが、この像は純金ではなく24金メッキ。
なので、その原価は4万円前後といわれている。

しかし、その売買価格、となると話は違ってくる。
ここで注意しなければならないのが、1950年以降のオスカー像の売買。

オスカー像の売買は、禁止されている。
つまり、1950年以降のオスカー像を売買しようとした場合、それは盗品扱いとされ映画芸術科学アカデミーによって「1ドル」で回収されてしまうのだ。

では、1950年以前のオスカー像はというと…
2012年に15個のオスカー像(1950年以前の物)がオークションにかけられ、約2億4800万円で落札されたというから、その価値は推して知るべし、だ。

ちなみに、一番高かったオスカー像は「1941年作品・市民ケーン」の脚本賞のもので、約4800万円だった。

今年は、ライアン・ゴズリング&エマ・ストーン主演のミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」が
13部門で14ノミネートされており、大本命とされていまる。

そして、長編アニメーション賞にスタジオジブリ作品が4年連続ノミネート。
また、渡辺謙がノミネート発表のプレゼンターを務めるなど、見所も盛り沢山のようだ。
今から期待に胸が膨らむ!



フォローする

スポンサーリンク