アディーレ法律事務所の依頼は基本「契約解除」になるらしい

先のアディーレ法律事務所の2ヶ月業務停止で、その影響を受けるのは何と言っても現在の依頼者だ。

この事務所は全国に多くの事務所を持っている。弁護士も多く、有名芸人を使ったCMも流しているたことから、察するに依頼者は少なくとも5万人以上はいるのではないか、と言われている。

その5万人の契約は、今後どうなるのだろうか?

スポンサーリンク


東京弁護士会が臨時に設置した電話の窓口には2日間で2,000件の相談があったそうだ。

現在アディーレ法律事務所に依頼している人が今後取る方法が幾つかのサイトに載っていたので、ピックアップしてみた。

基本、アディーレ法律事務所(法人)との契約は解除

「アディーレ法律事務所と交わした契約は解除しなくてはならない」らしい。

2ヶ月でも業務停止となれば、仕事ができない、ということになる。現在進行中の案件の仕事ができない、となれば「契約は解除」ということなるらしい。

東京弁護士会による依頼者が取るべき4つの行動とは

・アディーレの通知を待つ
・アディーレ(担当弁護士)に連絡する
・東京弁護士会の臨時電話相談(03-6257-1007)にかける
・自分で弁護士を探す

通知を待つのももどかしい気がする。
弁護士と直接連絡が取れれば、いいが…どうだろう。
新しい弁護士…最終的にはそれしかないのだろうな。

これは仮定だが…

今回の処分は、あくまでも法人と元代表の業務停止。
もともと「アディーレ」として受けた依頼は、100人以上いる個々の弁護士が、それぞれ請け負って仕事をしている。その弁護士達が業務停止を受けていなければ「アディーレ」以外の仕事はできる

だからアディーレは、弁護士個人が法人の名を外しても動ける(個人契約できる)体制を作っておけばいい。

依頼者が「アディーレ」との契約を解除しても、同じ弁護士に改めて依頼するように持っていけば(特別に、無料あるいは少額で継続できるとでも書面に記しておけば)他の弁護士を探す手間も省ける。

依頼者も助かるし、被害は最小限におさえることができるだろう。

※法律上、依頼者からの求めがあれば、アディーレの弁護士が個人として契約を結び直すことは可能らしい。だが自分から依頼を働きかけたり、アディーレが主体になって引き継ぎさせたりしてはならない…そうなのでそこはうまくやってほしい。

書類の書き換えなど大変な作業だろうが、致し方ないだろうな。

法人の名を外して、どう動くか(今時なら即、別法人を作るか、どこかの弁護士事務所に潜り込むか…)は分からないが…。

スポンサーリンク

もし、そういう提案がない場合は?

例えば「過払い金請求」の依頼は、完済の場合、アディーレは、着手金はない(はず)。過払い金があって、金融業者からお金が戻った時に、そのお金から成功報酬を差し引くシステムになっているはずだ(他もだいたいそう)。

現在、業者からお金も戻っていないし、アディーレに全くお金を払っていなければ、金銭的には問題はないかもしれない。金銭的に問題がなければ、契約解除だけで突き放される可能性もあるかもしれない。

現段階で、金融業者に書類の請求をしているところだったり、和解の話が進んでいる段階で、契約解除になったとして、別の人とか別の弁護士事務所が引き継いでくれるのか、すべて最初からなのか、そこも気になるところだ。

債務整理や過払い金請求などを依頼をしている人は、実はかなり神経質になっている人がほとんどだ。他人に知られたくない、早く終わればいい、といつも思っているものだ。

今回のことで、かなり不安になっている人は多いだろう。

少なくとも東京弁護士会が、今の経過のまま引き続き、受けてくれるくらいの度量を持っていてほしいものだが…

東京弁護士会の対応

一応電話では、希望されれば「新しい弁護士を紹介」しているらしい。が、それは「東京弁護士会の所属弁護士」だけだという。アディーレ法律事務所は全国規模で、地方の依頼者の対応は難しいのではないか、という声もあるらしい。

今回の処分をする際に、アディーレの依頼者が被る被害を東京弁護士会ちゃんと想定していたのか、という疑問の声もあがっているという。

弁護士は、頭の悪い人たちではないだろうし、弱い人の味方だと信じている。だから、ちゃんと対応してくれるものと思いたい。

他の事務所に相談してみる…

他の事務所に依頼を考える場合、やはりその費用が気になるのは確かだ。

もし、今のところ、アディーレで費用がかかっていなければ、他の事務所で一から、ということになるかもしれない。今、殆どの法律事務所は、借金や債務整理の相談だけなら無料という所が多いから、相談だけでもしてみるのも一つの手だ。

確定はできないが、アディーレ問題はたぶんどこも知っているだろうし、なんらかのいい方法を教えてくれるかもしれない。

参考サイト⇒借金解決.com 



フォローする

スポンサーリンク