アンガーマネジメントを安倍総理に勧めた前園…ワイドナショー

熊本地震のために放送されなかった
総理が出演する「ワイドナショー」が
今日放送された。

その中で、前園が、
怒りっぽいと言われる総理に
アンガーマネジメント
勧めていた。

スポンサーリンク


以前、
安倍総理がフジTVの人気番組
「ワイドナショー」に出演する!
ということで話題になっていたが、
熊本震災のため、延期となっていた。

それが、今日やっと放送された。

安倍総理と松本や
指原らとの会話は、
いつもの総理の厳しい顔とは
違っていた。

柔らかい雰囲気が漂う、
何でも答えてくれる頭のいい
おじさんのように見えた。

前園が総理にアドバイス、アンガーマネジメントとは

MCの東野幸治が「総理は気が短いと思うのですがヤジを我慢できないのか」
と質問した。

その質問に
「あれは独り言だったんですが、独り言が大きくなった」と答えていた安倍総理。

その後、コメンテーターの前園から
アドバイスとして「6秒」我慢するアンガーマネージメントを勧められた。

それに対して、安倍首相は
「6秒間我慢すると次がまたすぐ来る」と怒りが抑えきれないと答え、笑いを取っていた。

アンガーマネジメントとは?

970年代にアメリカから広まった
「怒りと上手に付き合う」
「怒りの感情をコントロールする」
ための心理トレーニング方法

怒りの感情のピーク
最大でも6秒程度と言われている。

頭にきて6秒以内で話す言葉は
感情的になることが多い。
なので「反射的に怒らない」事が
大事だというのだ。

そのために「最悪の6秒間」を
やり過ごす事が大事らしい。

スポンサーリンク

最悪の6秒間のやり過ごし方

1、呼吸リラクセーション

腹が立つ事を言われた時
まず、一呼吸、それも「深い呼吸」をする

呼吸を深くすることで
冷静さを取り戻す事ができる。

深い呼吸法

鼻から大きく息を吸い、一旦止める。
口からゆっくり吐き出す。

2、ポジティブ・セルフトーク

気持ちが折れそうになった時
自分が元気になる言葉を自分に言い聞かせる

あらかじめ自分で決めておいた
「プラス思考になる言葉」や
「ポジティブメッセージ」を
決めておくと良い。

ポイントは
未来完了形で言い聞かせる
「頑張るぞ!」「気にしないぞ!」「負けないぞ!」

前園は、安倍首相に
「さすがアスリートですね」と褒められていた。

その他、松本が
「日本はピンチなんですか?」と聞くと
「…ずーっとピンチなんですけどね」と答えていた。

さらに
政治家に向いているのは誰か?と聞かれると
「指原さんですね。ちゃんと考えて話しているから。」と言っていた。

この番組で、安倍さんの好感度、上がりましたね。

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

すぽんさーリンク