あたりまえポエムとは?ココ調で注目!発案者「氏くん」とは?

あたりまえポエムと言うものが流行っているそうだ。

「君が嬉しいとボクも嬉しい…」

このフレーズは意外と多く使われるが
ツィッターで「氏くん」という人が
つぶやいているあたりまえポエムになると…

君が嬉しいとあなたも嬉しい

になる…



フジTVの「めざましTVの『ココ調』」で取り上げられた「あたりまえポエム」。
あとからじわ~っとくる感覚が、なんとも言えず、面白い。

あたりまえポエムとは

あたりまえポエムとは「当たり前のことをポエムっぽく表現すること」だ。
聞いたあとから「それ、同じこといってるじゃん!」と突っ込みたくなるのだが、それでいいらしい。

めざましTVでは、モニターで人々を集め、何も知らせず、あたりまえポエムに関連した映像を流し、人気声優の声で、そのポエムを読ませるという実験をした。

逆方向の電車にのったからかな
何だが君が離れてゆく気がする

ポエムを読み終えたあとは静かだが、5秒後、笑い声が起こる、という具合だった。

この様に、あたりまえポエムは、あとからじわじわくるのが特徴だ。

逆方向の電車にのったからかな
何だが君が離れてゆく気がする

ここに気づいて、あ~、となるのだ。

モニターは「おわりかい!みたいな…突っ込みたくなる」と言っていた。
確かに!

「あたりまえ過ぎて逆に笑える」という意見もあった。
確かに…。

あたりまえポエム…意外とセンスが問われるかも

“#あたりまえポエム”でツィッターに投稿されている作品が結構ある。

ただ、こうやって見ていると、読む人の好き嫌いに左右される感じは否めない。
「上手い!」と思うのもあれば、逆に「全然面白くない!」というのも結構ある。

理解するのに時間がかかって、なるほど!と思わせれば、いい作品、と個人的には思うのだが…
当たり前だが、あたりまえのように感じないのが、いいような…

実際、自分でも作ってみようと思うのだが、意外と難しい。
ある意味、センスが問われるような気がする。




さらに思ったのが「クイズにもできそう」だ。
1行目の言葉から連想される同じような、言葉を見つける…
遊べそうだが、どうだろう?クイズ番組に使えないかな?

初対面の時思ったんだ
まるで…
初めて会ったみたいだって

漫画家の羽海野チカさん…結構いい!

個人的に押し!「氏くん」の作品

個人的には「氏くん」という人のポエムが、押し!だ。

君といると、一日前のことを
昨日のことにように思い出してしまう

君との距離が離れるほど
遠くに感じてしまうんだ

聞くところによれば「氏くん」は、このあたりまえポエムの発案者で、昨年あたりからツィッターで話題になっていたらしい。
詳しいことは、よくわからないが、和服姿の写真は出ている(顔は宇宙人?)

一部の情報によれば
氏くん @ujiqn の本名?は「氏田 雄介」

氏田 雄介氏は…
・「面白法人カヤック」 企画部ディレクター。
・1989年生まれ。
・愛知県出身。

服装自由の会社にスーツや和服で来る男…※面白法人カヤックHPより

たぶん、当たりだろう…結構面白い人物のようだ。

そして、4月に本が出るそうだ。
⇒あたりまえポエム 君の前で息を止めると呼吸ができなくなってしまうよ 単行本(ソフトカバー) – 2017/4/12

現在予約受け付け中!だ。