市町村魅力度ランキングの1位は函館、理由はやっぱり食べ物!

都道府県の魅力度ランキングは
よく聞くが、市町村になると
「あれ、どこだろう?」と思ってしまう。

2016年の結果を調べてみると…
2位は京都市、3位は札幌市。

そして1位は…函館市

以外と思うか、納得!と思うかは別として、ちょっと深掘りしてみた。

スポンサーリンク



都道府県の魅力度ランキングはTV番組の「秘密のケンミンSHOW]や「月曜から夜更かし」などで時々話題になる。
だから何となく分かるが、市町村の魅力度ランキングはあるのか、どうなってるのか気になる人はいないだろうか。

実は「市町村魅力度ランキング」というのもあるのだ。

函館市は3年連続1位

「地域ブランド調査2016」によると函館市の1位は3年連続らしい。
魅力度以外にも「観光意欲度」「地域資源評価」が位1位。

やはり、地元の「食材が豊富」「食事が美味しい」という評価が大きいらしい。

駅を一歩出れば、市場がある。
海が見えるホテルや旅館が多く、山に登れば夜景が美しい。
洋館が並ぶ市内は異国情緒がある。

ある意味、観光しやすい街だ。

北海道といっても函館は雪が少ない、本州が目の前…
災害もあまり聞いたことが無い。

確かに魅力的な街だ。

スポンサーリンク

「地域ブランド調査2016」とは

このランキングは「株式会社ブランド総合研究所」が調査した結果を昨年10月に発表したものだ。

調査対象
1047(1,000の市町村と47の都道府県)の地域

調査方法
インターネットアンケートで実施し、全国から3万372人の回答

調査内容
地域のブランド力を、消費者が各地域に抱く「魅力」で数値化

調査項目の中には…
認知度・魅力度などの他にも地域イメージ居住意欲度・観光意欲度など外からの評価と
愛着度・自慢度など、内からの評価などが含まれている。

2位以下の順位

2位以下は次の通り(カッコ内の数字は2015年度の順位)

2位 京都市 (3位)
前年3位から、1ランクアップした。
観光意欲度、産品購入意欲度、それぞれ2位
居住意欲度4位

3位 札幌市(2位)
4位 小樽市(7位)
5位 横浜市(5位)

5位までに北海道が3市締めているのも特徴的だ。
都道府県のランキングの1位が北海道だから、なんとなくうなずける。

が、都道府県ランキング2位の京都府は、この京都市だけで、殆ど稼いでいるということになるのか?
だとしたら、これはこれですごい市だ。
(ちなみに、京都府の京都市以外にランクインしたのはは52位の宇治市だ。)

前年4位だった神戸市が9位に。
都内の最上位は13位の新宿区。
ここは、前年は25位だったので、かなりのランクアップだ。

順位の移動理由はいろいろあるだろう。

地震があった熊本市はやはり下がったらしい。
が、新幹線が通った北斗市はランクアップしたという。
サミットがあった伊勢市はアップ、など、その年に起きた出来事が左右する市もあるのだ。

調査に参加した人すべてが、全地方のすべてを知っているわけではないし、当然個人的な好き嫌いもある。
ただ、上位にいる都市は常連が多いのも事実だ。

旅行する際は、少しは参考になるかな?

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

すぽんさーリンク