BARレモンハート第13回レビュー「さらば友よ」と第14回の酒予想

BARレモンハートSEASON2も、
はや13回目の放送となった。

今回の放送を見て
改めて思ったことがある。

「ドラマは原作の思い入れを
投影して見てはいけない」
ということだ。

スポンサーリンク


原作と同じ世界観を期待して
ドラマを見ると、
「あれ、ちょっと違うな?」
と思うことが多々ある。

特にSEASON2では顕著だった。

勿論今回の「さらば友よ」も同様だ。

脚本家と俳優

原作、特に今回のような
人気漫画を実写化するとなると、
どうしても避けて通れない
壁がある。

それが「脚本家」と「役者」だ。

脚本家というのは
原作をふまえつつ、それに、
付け足したりカットしたり、
場合によってはストーリーさえ
変えてより良いものを作ろうと
するのが仕事だ

そして役者というのは、
登場人物を自分なりに解釈し、
役作りをして演技をするのが仕事だ。

その解釈の仕方は
当然ながら役者によって違う。

脚本と役者、
その2つが組み合わさって
ドラマが生まれる。

だからこそ、
原作を超えるドラマもあれば
悪くなるドラマもあると思う。

原作を何度も読んでいると、
自分の中での
構成・人物のキャラクター・背景
などが出来上がってしまい、
その中にドラマをはめようとしてしまう

それがぴたりとハマったり、
予想以上だったりすると
「原作を超えた」となり、
自分の感性と違うと「?」
となってしまう。

その違いも楽しみ方の一つだと
わかっているが、
やはり「これ、なんか違う!」
と思ってしまうことが多々ある。

そういった意味では今回の
SEASON2は、原作とは違った
全く新しいドラマを見るつもりで
見た方が楽しめるようだ。

スポンサーリンク

今回の「?」ポイント

取り敢えず、

  • メガネさんの涙は見たくない
  • メガネさんの友達の高田さんが強面過ぎる
  • 松ちゃんがハードボイルド過ぎる
  • メガネさん葉巻吸う時、手震えすぎ

今回、自分の中での「?」ポイントだった

次回作は、
全く新しいドラマを見るつもりで
見てみようと思う。

余談だが、予告編で出てきた
「トラディション・オロロソVORS30年」は
今回登場しなかった。

これも「?」

次回のレモンハート

「悪魔という名のビール」
酒役
「デュベル(ベルギービール)」
ビールなのに8.5%のアルコール。
フラマン語でデュベル(悪魔)と呼ばれる所以です。

彼女いない歴十年の松ちゃんが、
レモンハートでウキウキしながら
デート相手を待っていた。

お相手は
とびきりの美人で正真正銘のフリー。

しかし、陰のニックネームは「魔(麻)性の女」。

飲むと必ず「私の部屋で朝まで
付き合って」といって
男を誘うらしい。

松ちゃんが騙されていないかと
心配するマスターとメガネさん
だったが、そこに現れたのは
予想と違い清潔感にあふれた
美女・みどり。

そこでマスターは松ちゃんの
恋の成就に一肌脱ごうと
あるお酒を用意する。

デュベル 6本セット(330ml×6本) 1個付(オリジナルロゴグラス

はたして松ちゃんの恋の行方は・・・

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

すぽんさーリンク