BAR・レモンハート PART.59「北帰行」あらすじ

DSC_0070

※BARレモンハート5(アクションコミックス)より

一人の女性が
レモンハートに入ってくる。

そして
「キングスランド、ロックで」
と注文する。
(その時、彼女の心の中は余市の風景)

レモンの常連、松ちゃんは、
彼女は入ってきた時から…
一目惚れ!

彼女は、
キングスランドをキープし
明日も来る、と言って
帰った。

スポンサードリンク


彼女が帰った後、松ちゃんは浮かれるが、メガネさんに「あの手の女に手を出すと火傷をするぞ」と言われる。
でも松ちゃんは気にしない。
マスターはノーコメント。

DSC_0071

※BARレモンハート5(アクションコミックス)より

次の日、彼女がくるのが楽しみで陽気な松ちゃん。
そこへ「道に迷った」と彼女からレモンハートに電話が入る。
すかさず松ちゃんが迎えに行く。

その後、二人は仲良く話していたが…
松ちゃんが「ちょっと訛りがあるようですがお国はどちらです?」と聞く。

その言葉に、また余市を思い出してしまう彼女。
泣きながら「マスターお勘定」と言って出て行ってしまう。

わけがわからない松ちゃん。
「俺、変なこと言った?」とマスターに聞く。

するとマスターは「いった。大変なことを言った。国のことを聞かれるのがいちばんつらいんだ」と答える。

後悔する松ちゃん。
メガネさんには「もう手遅れだね」と笑われる。

松ちゃんにとっての千載一遇のチャンス。
これを逃したくない松ちゃんはマスターに助けを求める。

「任せなさい」とマスター。
「明日はクリスマスイブだからプレゼントを渡せばいい」という。
そのプレゼントもマスターが用意してくれるというのだ。

クリスマスイブ当日…

DSC_0073

※BARレモンハート5(アクションコミックス)より

松ちゃんは、彼女にプレゼントを渡す。
それを開けると中身はキングスランドのファンシーボトルだった。

それを見た彼女は、松ちゃんに「どうしようか迷っていたがこれを見て決心がついた」とお礼をいう。

3年前に夫と別れて東京にきたのだが、やっぱり故郷の余市に帰る、といった。
彼女の夫はこのポットスチルのある工場で彼女を待っているらしいのだ。
そして彼女は、いなくなった。

松ちゃんは…
マスターが選んだプレゼントはもしかしたら大やけどをする前に目覚めさせる演出だったのかもしれない、と思っている。

そして、「飲みかけのボトルだけど松ちゃんによかったら飲んでください」と、いうメッセージを読んでいた…。

DSC_0075

※BARレモンハート5(アクションコミックス)より

記事下アドセンス




フォローする

すぽんさーリンク



BAR・レモンハート PART.59「北帰行」あらすじ