BARレモンハート第12回レビュー「めおと鶴亀」と第13回の酒予想

前回のレビューが聞こえたのか、
今回はチャキチャキの江戸っ子
という設定の竹山鶴次郎役の渡辺正行が
結構ハマっていた。

チョットやり過ぎの感はあるが、
それがまた江戸っ子らしくて良かった。



例によって、
原作のエピソード設定はそのままで、
若干の脚色程度でのドラマ化だが、
違和感の無い仕上りと言えよう。

ラフォンタン

作中に出てくる「ラフォンタン」とは、
フランス南西部のノガロで創業した
ラフォンタン社の単一年ビンテージの
アルマニャック。

通常コニャックやアルマニャックは
複数年のブドウをブレンドして
味を整えて販売される。

ラフォンタンは100年以上前から、
単一年度の製品を一瓶ずつ手詰めして
世に送り出している。

ラフォンタンの値段の特徴

ちなみに、
ドラマのラフォンタンの標準小売価格は
1953年 28,000円( 98,000円)
1951年 15,400円( 53,900円)

原作に出てくる年度だと
1936年 47,520円(166,320円)
1985年   7,300円( 25,550円)
1918年 125,000円(437,500円)

安く感じるがラフォンタンは200ml
これを通常の700mlサイズに
換算するとカッコ内の金額になる。

やはり、そこそこの値段のようだ。

そして、
単一ビンテージのみで
作られているだけあって、
品質はやはりその年のブドウの出来に
左右される。

その為、
年代=価格に反映されないところが
面白い。

例えば「平成3年製のラフォンタン
これは、なんと5,154円だ(楽天)

[1991]年 平成3年生まれの方へ アルマニャック ラフォンタン [1991] 200ml 40度 (Armagnac Lafontan [1991]) kawahc 1606-hgk
安い!

ソレラシステム

ドラマ中で
51年と53年のラフォンタンを
混ぜていた。

そのことでメガネさんが、
シェリーの熟成保存方法を
引き合いに出していたが、
これは「ソレラシステム」の事である。

ソレラシステムとは、
シェリー酒を熟成させるための
独特のシステム。

新しいシェリーが入った樽から
古いシェリーが入った樽までを
5段階に分けて貯蔵する。

最も古いシェリーが貯蔵された樽を
「ソレラ」と呼び、
そのソレラから製品としてシェリー酒が
ボトリングされる。

一番古い樽の減った分は、
2番目に古い樽から補充する。

そして2番目に古い樽の減った分は
3番目に古い樽からと、
順々に補充される仕組みである。


この方法を用いることで
シェリーの生産年や品質が均一化し、
より安定したシェリーを
生み出すことが出来る。

この仕組みを
51年と53年のラフォンタンを
混ぜた事に対する説明として
用いたのであろう。

次回のレモンハート

「さらば友よ」第28巻PART359

酒役
原作は「サンティアゴ・デ・クーバ11年」
というラムだが、ドラマの予告では
「トラディション・オロロソVORS30年」
となっていた。

常連のメガネさんは、
住所・年齢・職業不詳の謎の男。

そのメガネさんを訪ねて
これまた高田という謎の男がやってくる

一見強面のこの男、
メガネさんの友であり敵でもあるという。

あのメガネさんに友達がいたとは驚きだ。

この日メガネさんはレモンハートに
顔を出さなかった。

高田に明日もう一度店に立ち寄るように
勧めるマスター。

果たして二人は
再び会うことが出来るのか…

ドラマの予告の酒はこれ?

オロロソ VORS 30年

原作は、これ!

サンティアゴ・デ・クーバ 11年 700ml
※楽天で見つけましたが売り切れでした。