BARレモンハートSEASON2第5回レビュー スコッチ小僧

SEASON1で鮮烈なデビューを果たした
バーボン小僧「トシちゃん」が
帰ってきた。

それも
「スコッチ小僧」に出世(?)して!

スポンサーリンク


原作でも、レギュラーの3人についで
出演回数の多い「トシちゃん」が、
ドラマでも2回目の登場となった。

前回は、
いっぱしのバーボン通を気取り
メガネさんにこっぴどくやり込められ
「バーボン小僧」の異名を付けられた
トシちゃん。

ストーリー スコッチ小僧

今回も、性懲りも無く、
スコッチウィスキーの知ったかぶりを
発揮し「スコッチ小僧」と
呼ばれることとなる。

(原作では、別のストーリーで更に
「モルト小僧」へと進化を遂げる
トシちゃんだが、それはSEASON3(?)
のお楽しみということで)

そこへ、最近会っていないという
「ナオミちゃん」がバイト先のお客さん
のヒロシ君という男を連れて現れる。

そしてナオミちゃんを巡って、
トシちゃんと男のバトルが勃発する、

というストーリーなのだが…。

(後半へ続く…)

酒役はバーボン

今回出てきた酒は3種類。

登場するウィスキーは
「グレンリベット12年」
「ロイヤルハウスホールド」
それぞれ、モルトウィスキーと
ブレンデッドウィスキーの代表格だ。

トシちゃんは、何故かスコッチは全てモルトだと勘違いしている…
さらに知ったかぶりで「チェイサー付けて」なんて言ってしまうのだ。

だから、メガネさんやひろしくんに「小僧」と言われて恥をかいた。

ちなみに
「モルト」とは大麦(だけで)作られたお酒
…「グレンリベット12年」

「ブレンデット」とはモルトウイスキーとグレーンウイスキーを混ぜて作られたお酒
※グレーンウイスキー=トウモロコシや小麦などの穀類と麦芽を原料とする酒
「ロイヤルハウスホールド」の場合、ダルウィーニ、グレントファースをキーモルトに45種類の希少なモルト原酒をブレンドしている

最後にバトルで使われたのが
「ウシュクベ・ストーン・フラゴン」
これはモルトかブレンデットか…

答えは…

※今回のお酒の話を特別に別ページで紹介します。

スポンサーリンク

ストーリー スコッチ小僧 後半

二人の勝負は、
「ウシュクベ・ストーン・フラゴン」

これを試飲して「モルト」か「ブレンデッド」かを当てるというもの。

トシちゃんが勝てば、ヒロシくんは手を出さない。
ヒロシくんが勝てば、トシちゃんはナオミちゃんと別れる…

結局トシちゃんはモルトと答え、
負け、なのだが…

対戦相手の不正が発覚!
トシちゃんの逆転勝ちとなる。

その時のナオミちゃんの切った啖呵が
最高に格好良かった。

マスター・松ちゃん・メガネさんも
口をアングリ。
彼氏のトシちゃんでさえビックリの啖呵!

「なめてんじゃねーよ、この小僧!」
「この髪、脳みそが見えるまで刈り込むゾ!」
「鼻の穴からモルト突っ込んで、奥歯ガタガタ言わすか~!」

普段は「トシちゃん、カッコイイー!」
と騒ぐギャルのナオミちゃんだが、
「カカア天下」の片鱗を覗かせた
シーンでした。

さて、次回のBARレモンハートは

原作名だと「六月の花嫁に
出てくるお酒は「紹興花彫酒

(だと思う)

主人公の山村さんの娘さんが
結婚することになり2人で
レモンハートに飲みに来る。

そこでマスターは山村さんから
20年前に預かったものを思い出し、
「それをお返しする時がきました」
と言う。

それはなんと、1本のお酒だった。
しかして、その酒に秘められた
秘密とは…。



フォローする

スポンサーリンク