BARレモンハート第7回レビュー 「安い酒の定義」過去の酒も計算してみた!

今回のレモンハートは、
ちょっと異色の作品だ。

いままでのレモンハートでは
基本的に、珍しいお酒や
貴重なお酒をモチーフにして、
それにまつわる物語やウンチクを
散りばめていた。

それが今回の「安い酒の定義」では、
究極の安い酒が酒役になっている。

スポンサーリンク


お酒は、
高価なものや貴重なものだけが
大事なのではない。

人それぞれに思い出があり、
その中ではどんなお酒でも
主役になれるという作品の
テーマが浮かび上がってくる。

「安い酒の定義」のあらすじ

例によって、松ちゃんとメガネさんが
カウンターに座っている。

話題は松ちゃんの金欠病へ。

そこへ
気取った「社長」と、見るからに
真面目そうな部下の「斉藤」が
入ってくる。

社長は銀座のバーに行きたそうだが、
部下の斉藤は社長の浪費癖を心配し、
“余分なお金を払わなくて済みそうな店だ”
といってレモンハートを選ぶ。

「レミーマルタン・ルイ13世」
(正規価格で25万円程、ちょっとした
ホテルではショットで2~3万円)
を頼もうとする社長をなだめ、
「究極の安い酒を!」とオーダーする斉藤。

安い酒の定義って?どう計算する?

「お酒の価値は値段ではありません」

おぉ、でた名言!

そこでマスターが取り出したのは、
サントリーの「TORYS トリス900円

「TORYS」は1946年に
サントリーから発売された日本のウィスキーの原点とも言えるお酒。

※ドラマでは、昨年9月に新発売された「TORYS CLASSIC」のボトルが使われていた。

「他の候補は?」という問いかけに
マスターが取り出したボトルは…

サントリーレッド 884円
サントリーホワイト 1、174円
ハイニッカ 1、200円
サントリー角瓶 1、414円

「トリスよりレッドのほうが安い」
という松ちゃん。

スポンサーリンク

マスターの定義
だが、マスターが問題にしたのは
お酒1mlあたりの値段だった。

それを計算すると
トリス 1.2円
レッド 1.3円
ハイニッカ 1.6円
ホワイト 1.8円
角瓶 2.0円

となり、やはりトリスが一番安い

斉藤の定義

しかし、お酒である以上
アルコール度数は無視出来ない

それに気付いた斉藤の意見によって
1ショット(30ml)あたりの値段が計算される。

結果
レッド 75円
トリス 81円
ホワイト 97円
ハイニッカ 102円
角瓶 117円

なんと、レッドの逆転勝ちになった。

斉藤は意気揚々と
「究極の安い酒」であるレッドを
オーダーした

その計算式とは
アルコール量(g)=
酒の容量(ml)×(アルコール度数÷100)
1ショット=
酒の値段÷[(アルコール量÷酒の容量)×30ml]

ちなみに
この計算式で、第1話から出てきた酒の
1ショットあたりの値段を計算してみた。
リトルミル 873円
シングルモルト余市 275円
デュカスタン・ファザーズボトル 396円
プラットバレー・ストーンジャグ 200円
グレンリベット12年 247円
ロイヤルハウスホールド 2、002円
紹興花彫酒 228円
となる。

やはりロイヤルハウスホールドは
別格のようだ。

さて、
「究極の安い酒」の栄冠?に輝いた
サントリーレッド。

長くなったので続き、は次回!

安い酒の定義…安い酒には苦い思い出が…BARレモンハート第7回(シーズン2)の続きと次回先読み

ちなみに原作では
チェリー・ウィスキーが75円で
が、一番安い酒だった。

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

すぽんさーリンク