BARレモンハート第9回の「BAR名鑑」と第10回先読み

これから夏にかけて、
人気のカクテルといえば
「モヒート」

第9回のレモンハート「松ちゃんのBAR名鑑」で紹介したお店は恵比寿のBAR「ODIN」
ピックアップされたカクテルは、お店で大人気メニュー「モヒート」だった。

スポンサーリンク


モヒートのレシピ
・ラム
・スペアミントの葉
・ライム
・シロップ
・ソーダ

マスターはミントを
フレッシュな状態で使いたいと
バックバーの一角(真後ろ)で
自家栽培していた。

サッと摘んで、葉を潰す
サッと作る…

見ていると簡単に作れそうだ。

この潰し方が、BARによって、違う。
ユーチューブで作り方を探すと、面白い。

作り方はバーテンダーによって
ほんとに様々。

青汁のようになるまで潰す人もいるし、
葉の原型が残る程度で済ます人もいる。

甘みは、
シロップにする人もいるし
砂糖を入れる人もいる。
さらに、入れない人もいるのだ。

いずれにしても新鮮なミントを使って
作ることに変わりはなく
摘みたてのモヒートは
さぞ美味しいことだろう。

スポンサーリンク

次回のレモンハート

「老猫の仕事」
単行本に同じタイトルの
ストーリーは無い。

が、登場する猫の名前や
ウィスキー、登場人物の職業などから…

「生涯現役」第10巻PART134
原作と思われる。

あらすじ

原作のあらすじは・・・

主人公の林一郎が、
警察を定年退職してボロアパートで一人暮らしをしている親父に、
「一緒に住もう」と再三誘っているのだが
ガンコ親父はウンと言わない。

そのことをマスターに愚痴っていると、マスターはある猫のことを思い出した

23年11カ月(人間だと168歳と1ケ月)という長い生涯で28,899匹のネズミをとったタウザーという猫だ。
つまりこの猫は、生涯現役を貫いて大往生した猫なのだ。

一郎さんのお父さんも、生涯現役を貫こうとしているのでは?
と想像するマスター。
そして取り出した1本のボトルは・・・

というストーリーなのだが、ドラマの予告編を見る限り、
これもまたかなり原作とはかけ離れた作品に仕上がっているようだ。
どう見せてくれるのか、乞うご期待!というところか。

酒役(予想)
グレンタレット 15年 

「グレンタレット15年」
※本と同じボトルは見つけられなかったが、これも希少なボトリングです。
アマゾン価格: ¥ 10,070

香ばしくデリシャスな口当たりのモルトウィスキーとして大変人気があり1974年の国際ワインスピリッツ品評会の賞も得ている。※単行本より抜粋

実は、
私もあることがきっかけで
モヒートを飲みたくなった。

旨いモヒートを飲むために
ミントを自家栽培している
真っ最中なのだ。

マスターと同じ!
我が家のミントも大分育ってきた。
そろそろ、モヒートが飲めるかな~!

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

すぽんさーリンク