BAR・レモンハート PART.28「たった一人の送別会」あらすじと「ドランブイ」のうんちく

ドラマレモンハートの「たった一人の送別会」。
原作は第2巻PART28で同名のタイトル「たった一人の送別会」だ。

会社の派閥争いの中、去ってゆく上司。
その上司の為にたった一人送別会を開く部下。

その部下に贈った酒になぞらえた上司の思いをマスターが語る…

スポンサーリンク


原作「たった一人の送別会」あらすじ

とある会社の係長、寺田君。
課長に呼び出された。
なんと上司の小沢部長が急遽、大阪に転勤が決まったらしい。

寺田が送別会は?と聞くとやらないという。
8年も一緒にいたのに、というと本人がやらないでくれといったという。
単身赴任で明日たつのなら今夜やろうと寺田が言うのだが、
代わりにに来る部長の歓迎会が今夜7時からあるというのだ。

営業2課は全員出席だという。

場面が変わって…

寺田は小沢部長の家の玄関にいる。
奥さんに「会社の人とは会いたくない」と言っていると言われるが「会えるまでここにいると、動かない。
寺田の頑固さに負けて部長が出てくる。

小沢部長は新しい部長の歓迎会をすっぽかして、自分に会いに来た寺田の今後の立場を気にしていたが
寺田は「やめて下さい」と言う。
会社のことはわからない、ただ自分は8年間お世話になったお礼を言いたかったのだという。

自分一人の送別会だが会場に来て欲しいという。
その会場が…レモンハートだった。

寺田は改めて部長にお礼をいい、二人は乾杯をする。
部長は、マスターに「ドランブイ」があるか訪ねる。
あるというとそれを寺田に贈るといい、店を出る。

そこでマスターの口から語られる、部長が寺田に贈った酒の意味…

以下はレビュー記事から抜粋しました。

スポンサーリンク

酒役「ドランブイ」の物語

1745年のスコットランド-
王位継承権を巡る戦いに敗れたスチュワート王家のエドワード王子には、多額の賞金が懸けられていた。
しかし、そんな賞金には目もくれず、王子を守りぬき、無事フランスまで亡命させた豪族マッキンノン。

そのマッキンノン一族の献身的な忠誠を讃えてスチュワート王家の秘蔵の酒の製法を贈った
それが「ドランブイ」だったのだ。

つまり、戦いに敗れた王子が小沢部長。
マッキンノン一族が寺田。
小沢部長は「ドランブイ」に寺田に対する気持ちを託したのだ。

たった一人の送別会。
でも、寺田の思いは部長に伝わったようだ。



フォローする

スポンサーリンク