役所に爆弾を仕掛けて人が死ねば、優しい世界が作れると思っている弁護士?がいるらしい…

爆破予告メール、自治体の届く!

19日、
自治体に爆破予告メールが届いた、という。
届いたとされる自治体を見るとほぼ「関東」「東海地方」にある県や市のようだ。

スポンサーリンク


メールの内容

「お前らとは違う弁護士だ」
という犯人が高性能な爆弾を入手しそれを施設内の複数箇所に仕掛けた、というのだ。
この爆破は当職(自分?)の目指す優しい世界を作るために仕方ない、そうだ。

が文面の最後の方には「早く逃げたほうがいい。それはできるよね?」
などと書かれており、結局人殺しが目的ではないような感じだ。

よく意味がわからない…。

爆破予告の日付は自治体によって22~24日と異なっているらしい。

このような爆弾メールが送られた自治体

・東京都練馬区
・立川市
・横浜市
・相模原市…2月22日
・神奈川県厚木市
・埼玉県朝霞市
・千葉市…2月22日月曜日の午後3時34分
・千葉県船橋市…2月22日月曜日
・佐倉市…24日午後3時
・水戸市…2月22日月曜日の午後3時34分
・宇都宮市
・栃木県栃木市…2月22日月曜日の午後3時34分
・前橋市…2月22日月曜日の午後3時34分
・静岡市
・浜松市
・甲府市…2月22日月曜日の午後3時34分
・長野市
・新潟県…24日午後3時34分
・愛媛県
の19自治体。
※ニュースを色々見て、爆破の時間や日にちがわかっているところは、付け足しておいた

このほか総務省、関東総合通信局や首相官邸にも、同様の爆破予告があったという。
全体的に見ると関東や東海地方に送っているような気がする。
何れも自治体のホームページの問い合わせフォームによこしているそうだ。

もしかしたら、ここに書いている以外の自治体にも送られている可能性はあると思っていいかもしれない。
各自治体はそれぞれ、その時間前に避難や閉庁、学校は昼過ぎに下校などの対策をするらしい。

いずれにしても迷惑な話だ。



フォローする

スポンサーリンク