ブルゾンちえみが90㌔を走る!24時間マラソン発表を引っ張る必要はあったのか?

今年の24時間テレビのマラソンランナー
蓋を開ければ結局「ブルゾンちえみ」だった。

考えてみればブルゾンちえみは
パーソナリティのメンバーの中でも
話題性も人気もピカイチ。

さらに長距離経験者…なぜ引っ張る必要があったのだろう?

スポンサーリンク


そう言えば、ブルゾンちえみは、予告番組でパーソナリティっぽいことしてた映像はあっただろうか?他のメンバーは障害者とかとのふれあいのようなことしているが、ブルゾンのはあまり見てない…。

なんとなく、かなり前からブルゾンありき?だったのではないか?という疑問が湧いた。

引っ張って、引っ張って2時間45分後の発表。

先月「行列のできる法律相談所」で「ランナーは当日、発表します」と言ったことから、誰が走るのか色々な憶測が流れた。

⇒24時間TVのマラソンランナーは誰?流れている噂をまとめてみた…

そして、とうとう当日。

視聴者は、当然、初っ端でランナーが発表されるものとチャンネルを合わせたはずだ(私はこの時間出かけていたが)。オープニングで「走りたい人」とヒントが出る。そしてランナーの発表は「このあと、間もなく発表」と言ったようだ。が、またその後、20時30分ころ、ということになったらしい。まぁ~引っ張る、引っ張る…。

情報が本当であれば、本人にもまだ知らされていないという。そして、舞台上にいた芸人始めパーソナリティの各人は、大丈夫、走るよ、とアピールしていた…何れも嘘っぽかったが。

そして、20時30分も過ぎて、ネットでは「まだか?」「ひっぱりすぎだろ!」という批判も出始めた。そしていよいよ発表です…CMのあとで!と升アナウンサーがいう。

あ~、これは、ダメだな、やり過ぎだろ…とついに私も思ってしまった。

当日発表の経緯、ブルゾンに決まった理由とは…

24時間マラソンではおなじみの坂本トレーナー。マラソンの伴走を今年最後にするという話は以前からあった。その彼が「今までにないことをしたい」と言ったそうだ。それで今回のサプライズ(当日)発表ということになったらしい。

坂本トレーナーがその場で出した条件は24時間走れるだけの「体力」「精神力」「モチベーション」のある人。彼は、今年の候補者の練習、体力、ポテンシャルなどを自分の目で見てきた様子が説明画面でも流れていた。

そして最終的にメンタル面が強いやる気のあるブルゾンに白羽の矢を立て、番組発表1時間前に伝えたという。

スポンサーリンク

結果オーライの結果?

坂本トレーナーの気持ちはわからないではない。が、なんとなく思うのは、この条件をクリアできる人は他にいたか?ということ。

それまでのランナーは5月ころから、決定し練習を始めていた。
それでもキツイ、苦しいこの100㌔マラソンだ。

しかもこのことが正式に発表されたのは、ほぼ1ヶ月前。トレーニングメニューを皆に渡したのはいつかは知らないが、本当に走るかどうか分からいのにそれほど力を入れて練習できる芸能人は、そういないだろう。

番組を盛り上げるために「完走」も条件の一つだ。それらの条件がクリアできるのは、若い芸人、若いジャニーズ(櫻井は若くない?)か、長距離経験者の東野とブルゾンくらいだろう。それでも難しいだろう、と思えるから、リレーではないのか?というまことしやかな話も出てきていたわけだ。

結局、ブルゾンの2時間半遅れで始まるマラソンの走る距離も正式に発表されていないという。※その後走る距離は「90㌔」という情報が入った。

なにか中途半端な感じがするのは、私だけだろうか。最初からブルゾンにして、ちゃんと訓練させて、坂本の有終の美を飾らせるほうが良かったのではないだろうか?

これまでなら当日まで坂本やスタッフと練習を重ねて連帯感や信頼感があってマラソンが成功していたイメージもあるが、多分今回は、それほどではないだろう。

二人は話をしながら走っていた。

見ただけでもブルゾンの走りは、形がしっかりしている。
素人目ながら坂本とリズムは合うのだろうか?と余計な心配をしてしまう。

発表を遅らせるメリットはあったのだろうか?結局「視聴率」重視で、遅らせたマラソンランナー発表だったのではないのか、と言われてもしょうがないのではないだろうか?

前記事で、「このメンバーの中で走っている姿を見たい!と思える人は…いない」と書いてしまったが…訂正しよう。忘れていた、彼女ならまぁ、OKだ。ただ化粧崩れないかな?それだけが心配、とカミさんが話していた。

人選はとりあえず、ギリギリセーフだ。

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

すぽんさーリンク