キャラメルマシーン、マジックをお笑いに取り入れ、ただいま世界で活躍中!

朝の「ズームインサタデー」(日テレ)は、アメリカに行ったピース綾部のインスタグラムの写真がカッコイイ!と話題になっているということから、「日本ではあまり知られていないBIGな日本人」3人(組)を紹介した。

その中で、今日本で売り出し中のマジック芸人「キャラメルマシーン」の紹介をしていた。ちょっとおもしろかったので、今後出てくるか?と思いちょっと深掘りしてみた。

スポンサーリンク



日本ではあまり知られていないBIGな日本人

ZEN…2015年の「パルクール」世界大会で、アジア人初となる全米大会で優勝した(EXILEのライブにも出演している)。
MIYAVI…2013年アンジェリーナ・ジョリーが監督の映画「アンブロークン」にも出演しているギタリスト。

そして
キャラメルマシーン…日本では売り出し中だが海外ではメジャーなお笑いコンビでマジシャン。世界最大規模のマジックコンテストで、コメディー特別賞を受賞している。

キャラメルマシーンとは

キャラメルマシーンは二人組のお笑いコンビ兼マジシャン。

SADA(さだ)は、マジシャン。お笑いではツッコミ担当。
おだじはマジックではアシスタントで、お笑いではボケ担当。
現在の所属事務所は「WAHAHA本舗」。
最初のコンビ結成は2002年。
最初は漫才をやっていたが2007年頃からコメディマジックを取り入れる。

※ウィキペディア参照

お笑いのみならずマジックの世界で活躍中!

日本のマジックの大会にも出場し賞をもらったりゲスト出演するなどマジック界での活動も行うようになる。
その後海外にも活動の場を広げていき国内外のマジックコンテストにも出場するようになり、数々の賞を受賞。

中でも2013年に世界最大規模のマジックコンテスト
「IBM世界マジックコンベンション」で大会85回の歴史で過去1回しか出ていないという貴重な賞、コメディ特別賞(Karrell Fox Comedy Award)を獲得した。

そレ以来、世界中からオファーが来るようになったという。

※ウィキペディア参照

番組では、日本と同じネタを英語でやっている様子を紹介していた。もともとSADAは外語大出身で外資系の銀行マンだったらしい。そういう意味では海外での活動はしやすかったのかもしれないが…。

個人的には初めて見たが、日本でのTV出演ももちろん2009年辺りから結構ある。漫才のコンテストにもでているようだし、知っている人は知っているのかもしれない。

現在、L.A.Hollywood「Magic Castle」Academy of Magical Arts正規メンバー(「Magic Castle」=ハリウッドの奇術専門の会員制クラブ)らしい。

左に位置するおだじは、身長175センチ体重45㌔で「なんとか生きてるおだじーです」!と自己紹介をする痩せキャラで落ち着きがない、目立ちたがり、という微妙な空気感がある。

対するさだは、真面目にツッコミ役をこなしながらマジックをやっていくという、全体的には確かにお笑いという雰囲気だが、なかなか息の合った芸を見せてくれる。

これなら、普通のお笑いより、面白そうだ。今後も見てみたい!



フォローする

スポンサーリンク