「ダムに来たらダムカレー」をヒントに新しいガチャが生まれた!

昨日放送の「ガイヤの夜明け」(テレビ東京)では、ガチャの新商品を考える(タカラトミーアーツの)加藤しずえさんに密着した。
新しいガチャを考えるヒントとして今ブームになっているダム観光に着目「ダムカレーをガチャにする」のだという。

スポンサーリンク


日本一の集客を誇る集客「宮ヶ瀬ダム」と「宮ヶ瀬ダム放流カレー」

最近は、ダムを見に行く「ダム観光」がブームになっている。
その中でも日本一の集客を誇るのが神奈川県にある宮ヶ瀬ダムだ。
放流で流れる水の量は、30m立方メートル/1秒 でかなり迫力がある。

そして、ここには客を呼ぶもう一つの名物が「宮ヶ瀬ダム放流カレー」(1,000円)のダムカレーだ。

このダムカレー「マツコの知らない世界」でも紹介されたのを見た記憶がある。。

ダムの水をカレーに見立て、ダムを御飯で作り、その向こうには野菜を置いている。
ウィンナーを抜くと、穴が空き、ルーが隣の野菜の方に流れる仕組み。
自分で、宮ヶ瀬ダムの放水を再現できる楽しいダムカレーなのだ。

そしてさらに他のダムカレーを求めて、ダムの評論家「宮島咲」に相談。
「東が宮ヶ瀬ダムなら、西は日吉ダムです」と言われるが…。

彼女が次に向かったのは岐阜だった。

丸山ダムの注目されているポイント

岐阜にある「丸山ダム」。このダムも今、注目されているダムだ。
今後、今ある「丸山ダム」が沈んで「新丸山ダム」になる、という。

そこで近くのお店「ひだまりキッチン」で提供しているのが「丸山・新丸山ダム新コラボカレー」だ。

ルーを自分で注ぐ、などの志向が人気なのだそうだ。

カレールーを止めているのは新旧2つのダム。

食べ方には順番があるらしい。
最初に「丸山ダム」側のゲート(焼いたトースト)を外すと、ルーが「新丸山ダム」に流れ込む。
店主はこれを、放流ならぬ「放ルー」だという。

このカレーは、丸山ダムを崩してから食べるこだわりのダムカレーなのだそうだ。

加藤さんは、これらのダムカレーの写真を撮り、忠実に再現してもらい、専門家にガチャを作ってもらった。
半年後、出来上がったダムカレーガチャは、全部で6種類。

何れも特徴のあるダムばかりだ。

スポンサーリンク

ダムカレーガチャコレクション

ダムマニアの宮崎咲氏の協力により、作られたガチャガチャは…

・各地ダムをモチーフにしたダムカレーのフィギア
・ダムカードを忠実に再現したプレート付き
・サイズは4.4~5cm

種類

・大放流で有名な神奈川「宮ヶ瀬ダム放流カレー」
・新旧のダムが特徴の岐阜「丸山・新丸山ダム新コラボカレー」
・重力式コンクリートダムの日吉ダム「日吉ダムカレー」
・唐揚げ?が2本乗ってる北海道「豊平峡ダムカレー」
・アーチ型が特徴的な愛知「とよね村ダムカレー」
・御飯の中にハート型のルーの栃木の「渡良瀬ダムカレー」(これ、シークレット?)

あれ?もしかしてTVでシークレットも放送しちゃったな?

マツコの知らない世界でも取り上げられていた「ダムカレー」

この時に出ていたのが宮崎咲さん。登場するなり「きれいな名前ね」とマツコに言われた。が本名ではないらしい。「宮ヶ瀬ダム放流カレー」「丸山・新丸山ダム新コラボカレー」の2つが出てた。

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

すぽんさーリンク