ランドセルの伊達直人が正体を明かした!その深い理由とは?

「子供は虐待されるために生まれてきたんじゃない…」

彼の言葉だからこそ、心にしみる言葉だ。

2010年のクリスマスの日、群馬県のとある児童相談所にランドセル10個が贈られた。

送り主は「伊達直人」
漫画『タイガーマスク』の主人公の名だ。

当時は、美談としてニュースにもなった。

その彼が、今日、初代タイガーマスクの35周年記念ベントで、初めて名前と顔を公表した。

スポンサーリンク


初代タイガーマスクの35周年記念ベントのステージ上…
アニメ「タイガーマスク」のテーマ曲が流れる中
本物の伊達直人!と呼ばれて出てきたのは…

「伊達直人」は普通の43歳のサラリーマン

・名前は河村正剛さん
・群馬県在住の会社員

ちょっと小太りのちょっと額の広い、ちょっとガタイのいい?「おっさん」だ。

今、顔を出した理由

「顔が見える方が子どもの励みになり、支援しているのは『ヒーロー』ではなく私のような『普通の人』と知ってほしい」と感じるようになった。「物を贈る運動からさらに一歩進めたい」 Yahooニュースより抜粋

全面に出て支援する、意味も込めて正体を明かしたようだ。
社会が社会的擁護を認識して、欲しいという気持ちも込められている。

ランドセルを届けた理由

彼は幼少期、両親を失い、親族の間を移り住むような生活だったらしい。

このような経験から「自分のような境遇の子どもたちを将来助けたい」と思うようになったという。
ランドセルを持てず、手提げ袋で学校に通ったため、自分のような経験をさせたくないという思いで、ランドセルを10個購入し、深夜、群馬県の児童相談所の玄関前に並べたらしい。

彼がステージ上、語った言葉…

子供達は虐待されるために生まれてきたんじゃない
抱きしめられるために生まれてきた、と…

子供達は涙をながすために生まれてきたんじゃない
笑顔になるために、周りの人を笑顔にするために生まれてきたんだ、って…

生まれてきてくれてありがとう

健やかに成長していただけることを願っています

これからも頑張ってね

感動した!

スポンサーリンク

この美談の元となった漫画タイガーマスク「伊達直人」とは

漫画「タイガーマスク」。
1968年から1971年、少年マガジンに連載されていた。
原作は梶原一騎。

主人公はプロレラーの伊達直人。
プロレスの試合をする時、彼はトラのマスクを被っているので「タイガーマスク」と呼ばれている。

その為、正体は、ほとんど知られていない。

彼はプロレスで得た収入の一部を彼が育った孤児院に素性を隠して寄付している
というのがストーリー上大事な設定の一つでもある。

このことから「伊達直人」という名前を河村正剛さんがなぜ選んだのか、分かるだろう。

この漫画はアニメとしてTVでも放送された。
(私も欠かさず見ていた)

当時はプロレスは人気があって、TVでも毎週のようにどこかの局で放送していた。
漫画『タイガーマスク』でも実在するレスラー、ジャイアント馬場や、ミル・マスカラスと戦う場面もあり、とても面白かった。

タイガーマスク運動とその波紋

河村さんのこの美談のあと、やがて第2、第3の伊達直人の贈り物が全国の児童相談所に届くようになった。
その為、送り主を匿名とするこのような行為を「タイガーマスク運動」と呼ぶようになる。

贈られるものもランドセルの他に筆記用具やオモチャ、現金など多彩。
「伊達直人」以外の人物の名前でも贈られてきたそうだ。

さらに、児童福祉相談所以外の施設、学校や警察にまで色々届くようになったという。

河村さんは、その後、施設の子供達を応援する財団法人「初代タイガーマスク基金」(狭山聡)の活動に参加している。
「タイガーマスク」が取り持つ縁とでも言うのだろうか。

今回のイベントは、彼が正体を明かす、これ以上ない場所と言えるだろう。

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

すぽんさーリンク