もうフォースウェーブがきた?注目のドラフトコーヒーとは?

「サードウェーブコーヒー」という
言葉を聞いてから、それほど時間が
立っていないような気がする。

が、もう既にコーヒー界?には
「フォースウェーブ」が
到来しているらしい。

アイスコーヒー専用のサーバー情報も含めて深掘りしてみた。

スポンサーリンク



人間とは、気が早いもので「サードウェーブコーヒー」と言う言葉が流行ったあと、すぐ「フォースウェーブはどんな波なのだろう」と予想する人がいた。
その人によれば「サーバーの多機能向上ではないか」ということだった。

その言葉通り「フォースウェーブコーヒー」のひとつ、専用のサーバーを使って淹れるドラフトコーヒーが今注目されているようだ。

ドラフトコーヒーとは

窒素ガスを使った泡の立ったアイスコーヒーのこと。
専用のサーバーで窒素ガスを入れながらアイスコーヒーを注ぐことで、きめ細やかでクリーミーな泡が表面にあるのが特徴。

泡の効果は
・味わいがまろやかになる
・閉じ込められた香りが飲む時立ち上る

泡といえば「エスプレッソコーヒー」を思い出すが、あっちは加圧して抽出するコーヒー。
こっちはガスを含ませるコーヒー…違うものだ。

スポンサーリンク

家庭で泡立ちコーヒーを楽しめるサーバー!

ネスレは今まで家庭用、オフィス用のサーバーを作ってきた。
そして、今回、無料でレンタルしていたオフィス用アイスコーヒーサーバーを元にサイズダウンするなどして家庭用として作られたのが「ネスカフェ ゴールドブレンド アイスコーヒーサーバー」
泡立ちコーヒーを家庭で簡単に楽しめるサーバーだという。

・泡立て(撹拌)機能付き
・家庭用にサイズダウン
・冷却、保冷機能を搭載
・ペットボトル入りのアイスコーヒーをセット
・いつでも冷たいアイスコーヒーが飲める

※家庭用なので、窒素ガスは使わない
ドラフトコーヒーとは言わず「アイスクレマコーヒー」という。

ネスカフェ ゴールドブレンド アイスコーヒーサーバー by Amazon

アイスコーヒーを作る時は大量に氷を入れる。
どうしても氷が溶けて、味が薄くなる。

あれが嫌な人には、かなりおすすめだ。

 ペットボトルは市販されている!

このサーバーに使えるペットボトル入りコーヒーはスーパーなどで販売している。
だから、サーバーさえあれば、気軽に使えるのだ。

例えば「ネスカフェゴールドブレンド コク深め ボトルコーヒー」900ミリリットル。
200円もしないので、5杯分として計算すれば、1杯40円もしない。

冷やしてそのまま飲む味に仕上げているのでこのサーバーに適しているそうだ。

ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め ボトルコーヒー 無糖 900ml×12本

アンバサダーになって、無料で使う方法もある

ネスレは、従来どおりこのサーバーも条件付きで、無料で貸し出すそうだ。
※ネット通販でペットボトル入りコーヒーを定期便で購入
※例えば「コク深め」なら、12本1536円で、3回以上の継続購入が条件

サーバーの無料貸出は、ペットボトルのコーヒーの12本入り1536円の定期購入3回以上が条件。
5千円かからず、しかもペットボトルのコーヒーもしばらく購入しなくてもいい、これも悪くない。

詳しくはネスレHPで…
https://nestle.jp/machine-free/nescafe-gold-blend-ice-coffee-server.html

借りるのが嫌な人は、もちろん購入できる。
アイスコーヒーサーバーは、通常価格9800円で販売されている。
(Amazonは、これより若干安い)
ネスカフェ ゴールドブレンド アイスコーヒーサーバー by Amazon

母の日、父の日におすすめ!

これから夏に向って、確実にアイスコーヒーの需要は増える。
さらにコーヒー好きな両親に贈る、というのもありかもしれない。
セットするペットボトルのコーヒーはスーパーで購入できるのだから、本体を贈るのもいい。

我が家も検討してみるか…

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

すぽんさーリンク