古谷振一 の鉛筆画、桐谷美玲が!まるでコピー!

これが写真じゃないなんて!

「素人が描いた鉛筆画だよ」
と言っても、にわかに
信じられない人は、
ユーチューブで確認しましょう。

描いたのは、古谷振一さん、50歳。

スポンサーリンク



絵描きにならなかったサラリーマン

これを書いているのは、古谷振一さん。

吉高由里子、北川景子、広瀬すず、石原さとみなどを書いている動画もあります。
ほんとに細かく丁寧なタッチで書いていくので、やっと納得するのですが、出来上がりだけを見る限り、白黒写真と思ってしまいます。

プロではありません。
富山の会社員だそうです。
現在はうつを患い休職中とのこと…

彼が注目されたのは、昨年のちょうど今頃から…
当時は、各局から依頼があって、休養中なのに、これでいいのかという悩みもあったようです。

ツイッターに使われているプロフィールが指原(AKB48)の絵?(たぶん)。
※現在は変わっています。
一番気に入っているのか、上手くかけたからなのか…

スポンサーリンク

目から書く!

動画を見ていても分かりますが、
彼は目から書きはじめます。
「目はその人の心や特徴を映している、だから一番先に書く」のだそうです。

ドローイング=線画

使っているのはシャープペンシル、綿棒、字消しなど…。
絵のカテゴリーでいうと「ドローイング」と言うみたいです。

色々動画を見ていると、逆さまで書いているのもあります。

女性だけでなく男性も書いています。

これは、なぎら健壱さん

ツイッターにも「すごい!」「神!」というフォローが多い中、彼はこう書いています。

古谷振一 ‏@shtt4881 4月23日
自分は神でも天才でもないです。ちゃんと下書きしているのでパーツの位置がずれないのです。でもそこから色を塗るときに魂を込める。特に眼差しに優しさを込めることが重要です。これは私の場合のはなしですが(^_^;)。
本人のツイッターより

今、本物が見れる!場所は…

お知らせです。
10月21日~31日まで、富山県小矢部市にある、クロスランドタワーの空中カフェにて、僕の個展があります。今回は芸能人の方の絵はほとんどなく、富山の女性を描いた鉛筆画を中心に展示します。

本人のツイッターより

ちなみに色鉛筆で描いたミランダ・カー



フォローする

スポンサーリンク