ガリガリ君リッチ「黒みつきなこもち」の味を推理してみる!

あの赤城乳業からガリガリ君の新商品登場!

日本列島はまだまだ冬一色だが、
「ガリガリ君」で御馴染みの赤城乳業から
2月7日に早くも新味が登場する。

その名は「ガリガリ君リッチ黒みつきなこもち」。

「黒蜜きなこ餅」といえば山梨県の銘菓
あの小さな風呂敷包みの
「桔梗信玄餅」を連想する。

そう、今回正にその桔梗屋と赤城乳業がコラボした新商品なのだ。

スポンサーリンク


ガリガリ君リッチ「黒みつきなこもち」とは

2月7日に発売される新商品で、希望小売価格は130円(税別)。

「もち菓子黒みつソース」
「きなこ味のかき氷」包み、それを更に
「きなこ味のアイス」でコーティングする
という、凝った作り。

黒みつソースは桔梗信玄餅の黒蜜をイメージした黒糖を使用。
全体の味付けは桔梗屋が監修し、正真正銘の「お墨付き」となっている。

ということは、
きなこと、黒蜜があいまって、あの信玄餅と同じような味がするのだろう。

何だ、まんまじゃないか(笑)。
和風のガリガリ君か…これは、きっと美味いだろう。

いずれにしても楽しめそうだ。

また、当たりが出ると、桔梗屋とガリガリ君コラボのオリジナル風呂敷が貰えるキャンペーンも併せて行われるそうだ。

値上げをお詫びしたCMが話題に!

赤城乳業と言えば昨年4月、「25年ぶりにガリガリ君を10円値上げします」というお詫びのCMを流して話題となった。

このCMは4月1日、2日の2日間限定で流されたのだが、YouTubeでは20万回近い再生回数を記録した。

商品を10円値上げするだけなのに、社長以下社員100名が総出でお詫びをするという斬新なCMに、海外からも大きな反響を呼んだ。

スポンサーリンク

大ヒットと大コケは、紙一重なのだ

ガリガリ君は、2012年9月に「コーンポタージュ味」という大ヒット商品を生み出した。

この商品は9月4日に発売したが、2日後の6日には商品供給が間に合わず販売休止となり、体制を整えて、翌年の3月26日販売が再開されるという伝説を作った。

一方、2014年3月に「ナポリタン味」という大コケ商品も発売している。

ナポリタン味は最終的に320万本以上売れ残り、3億円近くの赤字を計上したそうだ。

“あそびましょ。AKAGI”

これは赤城乳業のコーポレート・スローガンだ。
遊び心を失わない事こそ、赤城乳業の真骨頂といえる。

大ヒット商品の「コーンポタージュ味」も、あるお客様の一言がきっかけで生まれたという。

「ガリガリ君に期待しているのはありきたりの味じゃない。もっといろんな味に挑戦してよ!」
「じゃあ挑戦してやろうじゃないか!」で生まれたのがコーンポタージュ味。

当初、役員からの反対意見も多くあったが、社長(現会長)の鶴の一声で発売が決定したそうだ。
社長も遊び心を失っていなかったのだ。

そんな社風の赤城乳業。

今後、どんなフレーバーで私たちを驚かせてくれるのか?
楽しみで仕方がない!

ちなみに…こんなの見つけました!

桔梗信玄餅の風味をそのままアイスに…

これも、信玄餅好きにはたまらないだろう!
美味しそうだ。

ガリガリ君新発売まで待ちきれない人、食べ比べしたい人に…
by楽天



フォローする

スポンサーリンク