グルメンピックの関係者4人、詐欺容疑で逮捕!経緯をまとめてみた!

今年2月、東京都大阪で行われる予定だった食フェス「グルメンピック」。

東京オリンピックに向け日本全国各地のグルメを世界に発進することをスローガンとしたグルメイベント。
大いなる躍進を夢見る全国の飲食店主の夢を打ち破った、詐欺イベントとも言われている。

この主催関係者4人が今日「詐欺容疑」で逮捕されたそうだ。

改めてこの事件の経緯をまとめてみた。

スポンサードリンク


この事件の流れは…

1、2016年2月、イベント会社「大東物産」による大規模な食フェス「グルメンピック」のPR活動が始まる
2、かなりの「好条件」で参加者募る
3、開催日1ヶ月半前に突然「延期」発表
4、その約半月後「返金対応する」と発表
5、その約1ヶ月後、返金がないまま「大東物産」が破産
6、6月3日 関係者4人「詐欺容疑」で逮捕される

グルメンピックとは…

グルメンピック 2017 東京・大阪
主催「大東物産」

開催日(予定)
・2月13~17日と同20~24日「グルメンピック2017」味の素スタジアム内(10日間)
・2月17~24日「大阪グルメンピック2017」舞洲スポーツアイランド(8日間)

※東京会場の想定来場者数は10日間で50万人以上、大阪も8日間で20万人以上を見込んでいた。
・特別募集枠は出店料20万円
(返金保証、ボランティアスタッフの手配など破格の条件を提示)
・出店料…出店する日数に応じ、20万~80万円

一連の経緯

☆ 昨年6月ごろ

・全国の飲食店にパンフレットを郵送
・見積もりや詳細をメールで求めると「10店舗程度しか残りがない」と、予定出店数が埋まる前に申し込みを促す文章が記されていた。※このため、多くの店舗が参加を決めたようだ。

その結果、出店を希望する全国の約500人から総額約1億3000万円を集めたらしい。

☆ 今年1月

・突然、ホームページなどでイベントの延期を発表、連絡が取れなくなる。

HPの内容概略(2つのPDF)
平成 29 年 1 月 17 日「事前説明会及び開催日程延期のお知らせ】

設備リース、会場施工、会場運営等の請負会社の急なキャンセルや現状況で開催するには事故や災害を事前に防ぐことが困難となり…開催日程の延期とさせて頂きました。

見直しについては、4月頃までを予定しており、最短で8月末、遅くとも9月下旬でのイベント実施を予定しております。

 

平成 29 年 1月23日「出店料のご返金のお知らせ」】

今回のイベントは延期とさせて頂き、つきましては皆様よりお預かりしました出店料を2月末にてお支払いをさせていただきますことをここにお知らせさせていただきます。
…できる限り迅速にご対応させていただくため2月20日までにFAXをいただけるようにお願い申し上げます。

※この時、登記簿の住所に事務所は確認できず、電話もつながらなかったらしい。


☆2月「大東物産」が自己破産を申請

・平成29年 2月20日
東京地裁に自己破産を申請し破産開始決定を受けた。
破産申請時の資産は現預金1,712万円。
申請時の負債総額は1億2,340万円

グルメンピック2017被害者の会発足

被害者同士で「被害者の会」発足。
刑事告訴、民事訴訟に向けて準備を進めている。

「被害者の会」サイト⇒ https://sites.google.com/view/gurumenpic2017-higaisyanokai

・返金を求めている店は全国で約170店舗
・殆どの店がまだ返金されていない

なぜひっかかってしまったのか

・“通常出店料40万円のところ、特別枠として20万円で出店しませんか?に惑わされた
・パンフレットに「イベント当日、売上が75万円に満たなかった場合は出店料を返金する」とあった
・主催する会社の資本金が1億1200万あった
※被害者の会代表インタビューより抜粋

自分の店に自信があればこそ「売上をもっと伸ばす方法」「知って貰う方法」として食フェスへの参加はかなり魅力的だっただろう。

だが、その甘すぎる条件の裏には詐欺のような「どうしようもない会社運営」があった。
未だに集めた1億以上のお金の行方はわかっていないという。

今回、「大東物産関」係者4人が逮捕されたことで、少しは解決の方向に向かうことを願いたい。

記事下アドセンス




フォローする

すぽんさーリンク



グルメンピックの関係者4人、詐欺容疑で逮捕!経緯をまとめてみた!