振袖業者が消えた?着付けができない?着物がない?成人式「はれのひ」騒動とは?

成人式に出席するため「はれのひ」という着物販売店で振袖を購入した女性。成人式当日は近隣のホテルで着付けをしてもらうことになっており、購入した着物はそこに届けてもらう手はずになっていた。

2日前には、電話で確認も済んでおり、着物もホテルに郵送すると言われていた。

ところが…当日、約束のホテルには、業者が来ておらず、着物も届いていなかった…

スポンサーリンク


1月8日「はれのひ」で振袖の購入やレンタルをして、着付けの予約をしていたにもかかわらず「業者がいない」「連絡が取れない」ため「着付けできない」「式に間に合わない」という事態が発生していたらしい。

「はれのひ株式会社」とは

【業務内容】成人式用の振り袖販売・レンタル・写真撮影・着付け

【店舗】
「横浜みなとみらい店」
「八王子店」
「つくば店」
「福岡天神店」
と、全国4店舗。

「購入プラン」と「レンタルプラン」があり、着物から小物まで、すべてここ出揃うようになっている。

※現在、ホームぺージは閉じている。

当日、着付け場所に業者が来ない?いない?

この騒動の被害者は(前もって連絡を取っていたにもかかわらず)当日着付け予定のホテルに行ってから、業者がいない、着付けが出来ない、あるいは、自分の着物が届いていない、ということがわかったという人が多い。

しかも、業者がいない、連絡が取れないのは事故でもなんでもなく、故意と言う可能性が大きいのだ。

こういう状況は、誰だって想定外だろう。成人式当日だ、パニックになるのも無理はない。

それでも「着物が手元にあった人」は、着付けできる人を探して何とか着付けをしてもらう事は出来る。が、時間によっては、式に間に合わなかった、という人がいたらしい。

「着物も届いていない」人は、かなりきつい。急いで他の店の余っているレンタル品を借りるという手もあるが、自分が気に入って購入した高額な着物を着るのを楽しみにしていたにも関わらず着るべき日に着れないというのはかなり悔しかった事だろう。

中にはもう成人式に行く気も失せた、と言う人もいたらしい、気持ちはわかる。

前出の女性は2日前に連絡は取れていた。前の夜に電話が通じていた人もいる。にもかかわらず、当日、着付けをする予定の店舗には人も、物もなかった、らしい。

とある、記事によれば、この会社は「社長とは年が明けてから連絡が取れていない」「給料未払い」の噂もあるらしい。「計画倒産ではないのか?」と言う話も出ている。

スポンサーリンク

横浜のホテル、同業者も被害者

この被害がもっとも大きかったのは横浜店の客らしい。
「はれのひ」の着付け会場となったのは新横浜国際ホテル。

当然この事で、ホテルも大変だったようだ。「はれのひ」の着付け予定者は(推定)200人。当日は新成人が午前4時過ぎから来ていたらしい。が業者がいないという事で戸惑ったり驚いたりしていたという。

そこで、このホテルと契約していた別業者8社に頼み100人は何とか出来たらしいが、残り100人は、結局、あきらめたか、自分で業者を探さざるをえなかったようだ。

協力した着物業者からは「同業者として悔しい」「許せない」と言う声も上がっているという。

ホテル以外にも、この非常事態に、近隣の他の美容室、レンタル衣装会社、着物販売店なども、できるだけ対応したようだ。ツィッターでも、その様子がうかがえる。そのおかげで何とか成人式を終えた新成人たちの感謝の声もところどころから聞こえている。

「たくさんの人が情報をくれました。ほんとに感謝しかないです。振袖を急きょ貸してくださったお店の店員さんが、泣きながら『本当によかったですね』って言って下さいました。世の中、優しい人がたくさんいるんだなと思いました」 by ハフポストより抜粋

午前中に流れたニュースを見つけた。
「騒動があったのは横浜と八王子店の店」とあった。
他の店は大丈夫だったということか。

で、社長は見つかったのかな?

スポンサーリンク