星野源の「どん兵衛のおあげ」が「どんぎつね(吉岡里帆)」とシンクロ?

星野源が「孤独な男」吉岡里帆が「どんぎつね」として出ている日清どん兵衛のCM.

特に吉岡里帆の異常なほどの可愛さに注目が集まっている。
星野源も今回は「逃げ恥の平匡のイメージ」があり、それはそれで「可愛い」そうだ。

今回のCMは、会話自体がすごく面白いので、書き留めてみた。

 

スポンサードリンク


今回のCMは2バージョン。

「どんぎつね編」は、おあげときつねがシンクロしているし「どんぎつね出てきません 篇」は、孤独な男がまぼろしを見ている?という内容だ。
シチュエーションは同じだが、歌詞と会話がちょっと違う。

「どんぎつね 篇」

星野源が部屋で一人で、どん兵衛を食べていると曇った眼鏡の向こうに突然「どんぎつね(吉岡里帆)」が現れる。※以下、紺文字は星野源ピンク文字は吉岡里帆

♪どん兵衛のきつね食べてたら いつでも私と一緒だよ♪

「どなたですか?」
「どんぎつねです」
「は?」
「しばらくお世話になります」
「意味がわかりません」
「だって好きなんでしょ?それ!」
と言っておあげを指す。
「あぁ、はい」
と言って星野がおあげをかじると…
「あ、痛!」と腕をおさえる吉岡
「え?」と驚く星野。
「あ、お気になさらず」
と言われ、下唇を噛む星野。


(カミさん曰く「星野源、かわいい!」)

「どうぞ、どうぞ」
と言われて、またおあげを噛む星野。
「あいた!」と今度は足を抑える吉岡。
星野は「たべずら!」と言う。

汁まで飲み終えた星野が
「食べ終わってもいるんですね」というと
「いやですか?」と聞く。
星野は「嫌では」と即答。
「よかった」と笑顔の吉岡。

歌は吉岡が歌っているのだろうか?。
「おあげ」と「どんぎつね」がシンクロしている?と思わせるなかなか、オモシロイCMだ。

星野の「嫌では」の言い方が「逃げ恥」の平匡を彷彿とさせる
この軽快なやり取りが、なかなかいい!
吉岡は綺麗で可愛いし、星野も可愛い(らしい)そうだ。

「どんぎつね出てきません 篇」

これは「どんぎつね 篇」の後バージョンということになるのだろうか。

星野源が部屋で一人で、どん兵衛を食べていると曇った眼鏡の向こうに突然「どんぎつね(吉岡里帆)」が現れる。

♪(子供の歌声)どん兵衛のきつね食べてても♪
「どなたですか?」
「きつねです」
♪こんなきつねは出てきません♪

「ですよね」
「いますいます」
「いやいや」
「じゃぁ、あたしは何?」
「なんだろ」

♪孤独な男のまぼろしです♪
(吉岡がダンスをする)

「ですよね」
「いや、いますってほら!」
「ほらさわって!」
「え?」

「信じて!」
吉岡が顔を近づける。

「近いです」
「失礼しました」
「いえいえ」

歌と会話が呼応するCM。
これほど会話に耳を傾けてしまうCMもめずらしい。

よく見ていると吉岡のつけ耳が、ちょっとだけ動くのもいい!
なんだろう。
吉岡のどんぎつねが超可愛いのもあるが、うろたえる星野源の表情もなかなかいい!
吉岡のダンスは短い。ちょっとだけだが、真似する人が出てくるのは間違いないだろう。

 

 

スポンサードリンク


SNSでもご購読できます。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)