国際犯罪組織が日本のコンビニのATMから、たった2時間半で14億円を不正に引き出したらしい。

関東地方他のコンビニの
ATMから、朝のたった2時間半の間に
「14億円」ものお金が不正に
引き出されたらしい。

100人以上の出し子がいたらしい、
というが…

そんなことが可能なのだろうか?

スポンサーリンク


朝方の2時間半の間に1400台のATMが使われた

・15日の5時過ぎ~8時前までの間
約1600枚の偽造カード
・コンビニのATM1400台から
・出し子100人以上
・総額約14億円引き出された、そうだ…

すごい!どの数字も半端ない。

この事件は、日本の出来事。
実は、もう1週間前の話だ。

もう少し詳しく書くと…
南アフリカの銀行から
ハッキングやスキミングにより、
カード情報が漏れ、偽造カードが
作られた。

そして、15日の朝、
5時から8時までの間
約1600枚の偽造カードで
日本各地のコンビニから
引き出されたようだ。

引き出された地域は、
東京、神奈川、愛知、大阪、福岡など17都府県。

スポンサーリンク

「引き出し上限」を考えたら簡単ではない犯行

最近のコンビニは、夜中でも使える。

そして、日曜の朝、5時過ぎというのは、
管理会社が特に気づきにくい時間帯
だと予想できる。

ある意味動きやすい時間かもしれない…

ただ、100人以上の出し子を
揃えるというのは、すごい。

しかも時間が
朝の5時過ぎから8時までの間と
指定されているのだから、
よっぽど徹底した指示を
出さなければならないだろう。

どうやって100人以上の
人間が動いたのだろうか?
引き出されたお金は、
一つにまとまったのだろうか?

コンビニの防犯カメラにも
必ず映るはずだし…

コンビニの店員は、
気付いてはいなかったのだろうか?

日本人だろうか?外人だろうか?

ATMでお金を引き出す場合、1回の上限が50万だから…

単純に考えれば、
1400台のATMというから、
1台から100万ずつ(50×2回)引き落とした、ということになる。

だが、これを100人でやるとしたら、一人28枚の偽造カードを2時間半で…
あ、きついが、やればできるか…

ただ、1台のATMをしばらく使っていたり、そんな大金を引き出したら、怪しまれるだろう。
カードを何枚もつかうと暗証番号も大変だし、挙動不審だし…

ま、コンビニの数も多いから、計画次第でなんとかなったのか…
何れにしても用意周到で、細かい計画を立てたんだろうな…

警察当局は背後に国際犯罪組織が関与しているとみているらしい…

…でもほんと、すごい事やるもんだ…



フォローする

スポンサーリンク