ケンコバのCM「プリトロール」で、プリン体がどうなる?

biiru

プリン体と美味しく付き合う!

ケンコバが出ているCM「プリトロール」。
何やらプリン体親父におすすめの錠剤のようだが…

「プリン体と美味しく付き合う!」とは、どういうことだろう?
酒を飲む前に錠剤を3錠飲むだけでいいのか?
飲んだらどう効くのだろう?

詳しいことはわからないまま、ケンコバがビールのおかわりをするシーンで短CMは終わってしまう(なんと15秒CMだ)…

これは深読み決定!だ。



『プリトロール』とは

小林製薬が8月24日に発売した『プリトロール』

HPには

ビールやレバーなど、「プリン体」が気になる食事に
プリン体吸着成分”を配合した栄養補助食品

とある。

1回3錠、約9回分(27粒)の錠剤が入ってメーカー希望小売価格800円(税込864円)だ。

プリン体吸着成分は「キトサン」?

成分は「キトサン」をはじめ「セルロース」なども入っている。

※キトサンとは…
かになどの甲羅などに含まれている成分で、食物繊維の一種。
プリン体を吸着する作用があるらしい。

要は、
『プリトロール』は体内に入ったプリン体を吸着する作用があるので、ビールや、プリン体の多いものを食べる宴会が始まる前に飲んでおけば、尿酸値の上昇を防ぐ、というわけか…なるほど。


プリン体、尿酸値、痛風の話

幸い私は、尿酸値が高くない。
が友人、兄弟、皆、尿酸値が高いらしく、中には痛風に悩んでいる人もいる、かなり痛いらしい。

血液中の尿酸値が高ければ、痛風というリスクが高くなる。
この尿酸値をあげる原因の一つがプリン体を多く含む食物だ。

その代表が、親父達が大好きなビールであり…タラコ等の魚卵なのだ。

「うまいもんほどプリン体多そうやな」
CM中、ケンコバが居酒屋のメニューを見て言う言葉だ。
魚卵ではないが、ウニも確かにプリン体が多い。

もちろん、これらを食したからと言って、尿酸値が一気に上るわけではないが、用心に越したことはないのだ。

注意書きがあった…

1日9粒を目安にお召し上がり頂くことをおすすめします。
※短期間に大量に摂ることは避けてください