キリンの「47都道府県の一番搾り」に問題あり?それ、どこで作ってる?

キリンの「47都道府県の一番搾り」は
日本全国47都道府県の名前が
個々に付いている人気のある缶ビールだ。
※長野県だけは「信州づくり」

今年の夏、業界団体のビール酒造組合に、
この一番搾りの商品名について、
疑問視する声があったという。

どういうことかというと…

スポンサーリンク



キリンビール「47都道府県の一番搾り」は今年の5月に発売された。
このビールの売りは、本来の「一番搾り」が「47都道府県ごとに味わいが異なる」こと。

原材料に地元産を使い、現地の嗜好にあった味わいにしているので「〇〇づくり」としている。

確かに、そのまま聞けば、「その土地で作られたビール」というイメージが湧く。
が、キリンのビール工場は、全国に9つしかない、のだ。

キリンのビール工場は全国に9つしかないのに〇〇づくり?

キリンビールの工場は全国に9つある。
北海道・仙台・茨城・神奈川・名古屋・滋賀・神戸・岡山・福岡の9工場)

例えば北海道の工場では「北海道づくり」の他「青森づくり」「新潟づくり」(へぇ~以外?!)などを作ってる。

「岩手づくり」「秋田づくり」は仙台工場で作っている。
「信州づくり」は名古屋工場。
「石川づくり」は横浜工場。

「鹿児島づくり」「山口づくり」は福岡工場で作っている。

いずれも、こんな感じで47種類のビールを9つの工場で作っているのだ。
もちろん製造工場は、パッケージにちゃんと明記されている。

問題は、ここで「え?そうなの?」と思う人がいるだろう、ということだ。

消費者が混乱するのでは?

厳密に言えば「9工場(がある地元)以外のビールは地元で生産されていない」。

でも「『〇〇づくり』という名前は『メイドイン〇〇』と受け取れる。

例えば「岩手づくり」は仙台工場でつくっているのに「岩手で作っている」と誤解されかねない。
「これでは消費者が混乱を招く」というのが、業界関係者のクレームだ。

スポンサーリンク

キリンの解決法

酒造組合は(ちゃんと工場名は表記しているため)法律的な問題はない、としている。

が、キリン側は、いろいろと対処しているようだ。

例えば、それぞれの地域に流している動画があるのだが、その動画の一部に以下の文言を加えている。

さらに、来年販売する「47都道府県の一番搾り」は一部名前を変更するらしい。
もちろん9工場がある地元の「〇〇づくり」はそのまま。
他の地域は「〇〇に乾杯」とするそうだ。

このブログでもキリンビールの「一番搾りネタ」は、過去にいくつか書かせてもらった。

松潤、でらうまっ!キリン一番搾りで嵐が出会う9つの方言とは?
嵐CM キリン47都道府県の一番絞り 滋賀県だけ琵琶湖のシルエットの謎!?
一番搾りのCMで嵐が見ているビデオレターがなかなかいい!

個人的には、嵐が出るCMの方に注目していたため、この問題は、あまり気になっていなかった。
が、確かに言われてみれば、そうかもな、という気もする。

なので、キリンの対処の素早さは、さすがだ、好感が持てる。

私は、キリンの一番搾りを飲んで、いつも思う。
このビールの味は、一言でいうと「繊細」だ。

ドライほど軽くない。
エビスほど重くない。
モルツほどの高級感もない。

が「味が繊細で美味い」という意味では、かなり気に入っている。

地方の味を取り込める余裕があるビールなのだ。
うまけりゃ、いいんじゃないか?

名前が変わっても、この味が変わるわけじゃない。
ビールは味で選ぶものだ。

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

すぽんさーリンク