任天堂がコロプラに訴訟を起こした!…何があったのか?

一昨年の9月…
任天堂から「白猫プロジェクト」が特許を侵害しているとコロプラに指摘があった。

その後、両社で協議を続けたが意見が折り合わず、とうとう任天堂が訴訟を起こした、という事らしい。

ちょっとだけ、深堀してみた

スポンサーリンク


コロプラが任天堂の特許を侵害している

任天堂は、コロプラが特許を侵害している、としたうえで

「ゲームの配信差し止め」
「44億円の損害賠償」

この2つについて、訴訟を起こした。

対するコロプラは…
「任天堂の特許権を侵害する事実は一切ない」
「裁判で正当性を主張していく」
と発表した。

特許侵害とは?

任天堂がいう特許侵害とは、具体的にどういうことかというと…

「タッチパネル上でジョイスティック操作をする際に使用される特許など5件が侵害されている」ということらしい。

このことに該当していると思われるのが、株式会社「コロプラ」から配信されているスマホ用ゲーム「白猫プロジェクト」だ。

スポンサーリンク

大人気の白猫プロジェクト

基本、無料でダウンロードもできるし、課金しなくてもある程度楽しめるゲーム。

配信が開始されたのは2014年7月14日。
現在は東南アジアをはじめ世界各国に配信されている。

配信…
・4日後に、Google Playの国内アプリ新着無料ランキングで1位を獲得。
・10日後には、100万ダウンロードを達成
・2014年8月30日に1000万ダウンロード
・2014年11月8日に2000万ダウンロード
・2015年3月12日に3000万ダウンロード
・2015年8月24日には5000万ダウンロードを達成。

そして、サービス開始の約2年後の後2016年6月には1億ダウンロードを達成している。

人気の程がうかがえる数字だ。かくゆう私もダウンロード済み(が、ゲームはほとんどやっていない)。

白猫プロジェクトの概要

・3Dマップ
・プレイヤーキャラクターを動かしながら戦うRPG。
・RPGでありがちな体力・行動ポイントなどのスタミナ制がない

コントローラーには…
・コロプラ社独自のインターフェイスである「ぷにコン」が採用されている。

・この操作は画面に表示されるキーやボタンなどによるものではなく、スライドやタップをすることで移動や攻撃といったアクションを行うことができる。

・本作はこのインターフェイスを初めて採用したアプリ…ウィキペディアに書かれているこの部分が、任天堂の特許を侵害しているということなのだろうか…

いずれにしても、遊びやすいのは、確かだ。

任天堂は、過去にも色々裁判を起こしているがその弁護士の腕が良いらしく、勝率も高いという噂だ。

さて、コロプラは、しのげるのたろうか?

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

スポンサーリンク