九州新幹線のCMと歌Boom!は、いつ見ても、感動する!和訳すると…

2011年、九州新幹線開通を祝して作られたCM。
放送2日後、東北大震災のため自粛。

祝のCMだ、そうするしか無かったのだろう…

しかし、その感動的なCMは、
ネット上で流れ続け、東北の
被災者の心を癒やしたという。

スポンサーリンク


そして今、新たに、CM出演者達(九州の人々)の心を救うために、また流れ始めた…

九州各地を繋ぐ九州新幹線が走る!

このCMは、九州全土に新幹線が開通するという一大プロジェクトのために制作された。

2月20日に15000人以上の一般の人たちが集まり、鹿児島中央駅からゴールの博多駅まで、レインボーの新幹線に向かってウェーブをする様子が新幹線から撮影された。

CMとしてはめずらしい180秒のロングバージョンである。

その喜びを現地の約一万人の笑顔で手を振るこの感動的なCMは、東北大震災の直前に流れていた。

九州新幹線開通は、2011年3月12日だった。

心に残る名曲Boom!

♪ ボ、ボボン…上手く表現できない(^_^;)

Boom!(ブーン!)

このCMのバックで流れる快適な曲はMaia Hirasawa(マイア・ヒラサワ) の「 Boom!」
この心地よいリズムとバックに流れる人々の嬉しそうな姿に重なって、心に残る名曲だ。

CMに使用されている楽曲「Boom!」は、マイア・ヒラサワがJR九州より依頼を受けて作った曲。
「人々が笑顔になるような」曲をイメージして書き下ろされたという。

このCMの動画はトータルで80万回以上視聴され
「涙が出そうになった」
「パワーをもらった」
「この力を東北まで届けたい」

当時、こんな声が溢れ、4月から再オンエアされることとなった。

そして今、今度は九州の人々のために流れている…

スポンサーリンク

Boom!(ブーン!)の歌詞の内容

あるサイトで和訳を見つけましたが、勝手にはアップできなそうなので、英語を「エキサイト翻訳」で翻訳するとこんな感じです。

私は、あなたがである所になりたい
冷たすぎないこと、および非常に遠く
私は行きたい
帰って 家〈家〉家

世界が到着する間
小さいより小さい
私は、あなたがである所になりたい
私の心臓は絶叫しているけれども、
行き 行く 、行きなさい、行きなさい 行く

私達は世界である←We Are The World
私が、歌うことが好きな歌ではない
私は決して実際しない
ショーは続かなければならない
フレディのように歌った
私のようにである
私の心臓が鼓動する間
ブームブームブームをかつぎあげようとしなさい

ブーム…
私の心臓は鼓動する

私は世界を見たい
距離からのNot
上からのNot
私は参加したい
私の少年、少年、少年、bo-少年

しかし、あなたについてのもの
私は強いそれではない
従って、私達はうまくやっていく
私の心臓dreamin’である
ただ行きなさい 行き 行きなさい 行き

私達は世界である
私が、歌うことが好きな歌ではない
私は決して実際しない
ショーは続かなければならない
フレディのように歌った
私のようにである
私はすぐあなたに会う
ブームブームブームをかつぎあげようとしなさい

ブーム…
私の心臓は鼓動する

私の心臓は鼓動する
そして、私の心臓が歌う
そして、私の心臓が絶叫する

私の心臓は誰のためにも鼓動する
すべての僅差の2位の時に
もしそして、あなたがうまくやっていきたいならば
ただ、運のクラブに参加しなさい
私の心臓は誰のためにも鼓動する
私はただ、この感覚を止めることができるわけではない
私の心臓は、鼓動するのをやめない

ブームブームブームをかつぎあげようとしなさい!

ちょっと変ですが雰囲気は伝わります。

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

すぽんさーリンク