マンホールカード人気広がる!観光客の誘客に一役買う。ダムカードも!

どこに行っても
必ず見かけるマンホール.

そのマンホールの蓋を紹介する
「マンホールカード」なるものが
あるという。

そして、コレクションとしてそれを
集める人が増えているらしい。

スポンサーリンク


マンホールカード

マンホールカードとは、
マンホールの蓋の写真・位置情報(緯度と経度)・
デザインの由来などが記されたカード。

公益社団法人日本下水道協会の中にある
「下水道広報プラットホーム(GKP)」
が企画・監修したもの.

第1弾は平成28年4月1日、全国28都市で、
第2弾も8月1日に40都市で配布された。

無料で配布された物だが、
人気のカードはヤフオク等で
数千円で取引されている。

マンホール

一般にマンホールとは、

主に地下の下水道などの管理の際に、
作業員が地上から出入出来るよう
地面に開けられた竪孔を指す。

当然その穴には安全の為に
蓋がつけられているが、
その蓋のデザインが様々で、
中にはカラーのものもある。

そして一番の特徴は、
地域性が現れていることだろう。

何故なら、
基本マンホールの蓋は
各自治体がデザインする
「ご当地もの」だからだ。

決まりきった幾何学模様だけではなく、
その地域の自然や名所、
はたまた特産品を描いたり、
様々な色を付けしたりして
オリジナリティーを
発揮しているものが多い。

それらを紹介するものが
マンホールカードだ。

スポンサーリンク

マンホールカードで町おこし

各自治体の特色を
表しているマンホールカード。

しかし、
カードだけでは飽き足らなず実物を
見てみたいという人も多いだろう。

そんな方の為に、
カードには蓋の所在地が
緯度・経度方式で記されている。

今現在、
68の自治体で74種類の
マンホールカードが配布されているが、
カード目当ての観光客を見込めるとして
今後参加する自治体も増えて行きそう
とのことだ。

興味のある方、
ポケモンだけではなく、
こちらの方もコンプリート目指してみては!?

ダムカード

余談だが、
マンホールカードのダム版
のようなものとして「ダムカード」
なる物も存在する。

こちらは国土交通省
及び独立行政法人水資源機構が管理する
ダムなどで配布されているカード。

やはり、
表面にダムの写真、裏面にダムの所在地
型式などの情報が記載されている。

2007年から
全国111基(ダムは1基2基と数える)
のダムで配布されている。

カード自体は無料だが、
ダムの管理所等のみで配布されている為
現地まで行かないと
手に入らないので要注意。

マンホールカードもダムカードも
マニアックなコレクションぽいが
なんか大人の遊びとして
カッコ良くありませんか?

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

すぽんさーリンク