「5時に夢中」でマツコデラックスが安倍首相をディスりネットがざわついている件

マツコに何があったのか?

今日(TOKYO MX)で生放送されている情報番組「5時に夢中」でマツコが安倍首相をディスった、というニュースがネット上で流れている。

どういうことなのか?ちょっと調べてみた。

スポンサーリンク


9日放送の「5時に夢中」でマツコ・デラックスが22日の総選挙に関して話したらしい。その中で政治家の言葉に対する不信感などを述べていたという。

だが、このコトを調べていたらこの番組で以前、安倍総理をディスっていた、ということがネット上で話題になっていたらしいのだ。

そのディスり方に対し「マツコらしくない」「ちょっと言い過ぎではないか?」「今まで好きだったに、この言葉はひどすぎ」というコメントも見つけた。

安倍ちゃんなんてもう〇〇の象徴じゃない?

私が見つけた動画は、ツィッター上に載せられたもので日付は10月3日とあった。

画面の左下には「5位 日刊ゲンダイ」という文字と下の帯に「希望の党 小池代表との2ショット撮影料3万円 」という文字が見える。

その動画は約1分30秒。話は途中からだ。

…ちょっとなんか…器が小さかったかなっ、ていう感じの…
ま、報道、だけね、見る限りでは…もうちょっとなんか無神経な人じゃないと、なかなか総理ってきついよねぇ。

アシスタント「あー、大胆さにかけ…」

大胆っていうよりは無神経、バカ、じゃないと総理大臣って、できないと思うのよ。

布川「ほほう…」

安倍ちゃんなんてもうバカの象徴じゃない?(ここで笑い声が起こる)

だからもう、あれぐらいのさぁ、アホなひとじゃないと、たぶん、あんなことやれないと思うんだよね。この時期に解散とか普通の神経だったら言えないじゃん。

でもそれを言えちゃうだけの図太さだったり、無神経さだったり、ま、どっか病気じゃないとやれない職業だと思うのよ

小池さんはやっぱりね、細かい。あといろいろなんかデータとかさ調査とかも物凄い気にされてるのも分かるし。

もうそんなさぁ、もうその政治観なんてもうどうでもいいから「とりあえず私は総理大臣になりたいんだから安保が反対しようがなんだろうが金と数だけもってこいこの野郎!」っていう、ので、民進とくっついたと思ってたら、全然そんな話じゃなくなってきたから…。

あ、若狭さんが言ってるからホントかどうかわからないけど、次の次ないじゃん、この人…

で、画面が突然が「8位 毎日新聞」に切り替わった。 ※青字、赤字がマツコの言葉

スポンサーリンク


マツコの歯に衣着せぬ物言いは、以前は結構気に入っていたが、この時のマツコは、ちょっと言い過ぎ打はないか、という気がしないでもない。

報道を見る限り、と断ってはいるものの、聞きようによっては確かに総理をディスっているように聞こえてしまう。総理大臣という仕事は大変だろうということを表現したつもりだろうとは思うが、あそこまで言ってしまってはどうかと思う。

この番組の大テーマは「言論の自由」とある。マツコはよっぽど、今回の選挙に感じるものがあるんだろうな、ということはわかるが、やはり言い過ぎだと思った。

最近のマツコは以前とちょっと変わってきた。以前に比べると、言い方が大胆すぎる傾向がある、あるいは「わざと喧嘩売ってるんじゃないか」と感じる時もある。

…最後の方の不自然な切り替え方から、ちょっと危ないと、番組も思ったんだろうか、と思ったが、このことに関して、番組も本人も安倍さんからも何も言ってないようだ。

案外OKだったのだろうか?

9日の番組でも彼女は政治家に対しての不信感を口にしたそうだ。

番組で「各党キャッチフレーズ合戦」と題し、読売新聞の記事「総選挙の各党のキャッチコピー」についてとりあげた。そこでコメンテーターのマツコ・デラックスが「そもそもなんで解散したんだろうから始まって、何を私たちは聞かされてるんだろう」と言っていたそうだ。

私も、それは同感だ。
今度の選挙は、本当にわけがわからない。

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

すぽんさーリンク