マツコ・デラックスの北海道米新CM、彼女?の着物にちょっと着目してみた!

今、マツコ・デラックスの北海道米の新CMが公開中だ。

「心くん、来店。」篇

今回マツコは、お店の女将風。来店した寺田心くんに「ななつぼし」とは何か、尋ねられる。

お米の名前と聞いて“お星様じゃないんだ”とがっかりする心くん。

このCMは「ゆめぴりか」篇もある。
どちらも15秒の短いCMだが、ほのぼのしていて、今回もなかなかいいCMだ。

スポンサーリンク


過去のCMの中でやはりいちばん印象に残っているのは、マツコがのれんを開けると額にシールが張ってあるシーン。

かなりインパクトがあった。短い会話の中、マツコの表情でお米への興味をそそらせる、なんとも言えないCMだった。

今回で5回目らしい。

マツコ・デラックスが出演している北海道米のCMは今年で5回目になるそうだ。
今までは来店して、店の大将と会話するパターンだったが、今回は迎える側、店の女将らしい。

気になるマツコの着物

髪をアップにして、着物もなかなかお似合いだ。

それにしてもいつも気になるのは、マツコの着ている着物。

知っている人は、知っていると思うが普通は1反(幅約36~38センチ長さが12m~14m)で1枚の着物を作ることが出来る。これで身長は170~175センチぐらいまで対応できる。

だが、マツコや力士のように、胴回りが普通の人の倍ぐらいになると、1反では幅、袖(裄)などがやはり足りなくなる、ので「2反使う」ということになる。着物を縫う人ほ、柄など合わせるのが大変だろうな…

そして、今回は帯に触れている。やはり繋げて使っているらしく着付け師が「つなぎ目が見えます」と言っていたらしい(笑)。

織り込んでいる柄は「鏡の裏」と言っていたから多分「鏡裏紋」だろう。礼装用など格の高い柄として用いられる事が多い。帯結びは、よく見えないが華やかな「重ね文庫」?

女将の帯結びとしては、少々派手かな?。普通は、大人しいお太鼓を結びそうなものだが…多分二本繋げたことで長さが、余りああいう帯結びになってしまったのだろう(と、元美容師のかみさん談)

へぇ、そんなものなんだ…

あの大将は内部の人?

過去4回、出ていたホヤッとした、物静かそうなお店の大将。
彼もなかなか人柄の良さそうな雰囲気を醸し出していたが…

今まで、CMでマツコの質問に答えていた彼は、今回出ていない。
マツコによれば「大将役は内部の人」で今回は出番がなくなったらしい。

何れにしても、マツコが出ていることで知名度はアップして、メーカー側は嬉しい限りだろう。そして今後も彼女にお願いすると言われ、マツコも「今後5年は、クイッパグレはない」と喜んでいた。

スポンサーリンク