新「水戸黄門」の助さん・格さんはジュノンボーイ出身のイケメン!

6年ぶりに復活する「水戸黄門」。

私の年代をはじめ、高齢者はかなり嬉しいだろう。

黄門様の役は以前から「武田鉄矢」と聞いていた。
なるほど、彼ならいい味出すだろうな、と納得した。

そして先日、助さんと格さんの配役も決まったらしい。

さて、どんな人達だろう。

スポンサードリンク


水戸黄門の助さん役は 、財木 琢未(ざいきたくま)

水戸黄門の助さん役は「財木 琢未」

ジュノンボーイコンテスト出身の24歳。
趣味はバスケで特技は空手。

ミュージカル「テニスの王子様」で手塚国光役をやっていた。
ドラマはこれが2本め。

強くて女好きのイメージの助さん。
空手をやっていたし、イケメンだし、どちらかと言うとワイルド系。
文句はないだろう。


格さん役は 、荒井敦史(あらいあつし)

なんと彼も、おなじくジュノンボーイコンテスト出身の23歳。
デビューは2009年、「タンブリング」「GTO」などのTVドラマの他、映画、舞台で活躍中だ。

財木にくらべると、すっとしたイケメンという感じ。
正義感が強い真面目な格さん役には確かにピッタリかもしれない。

23歳と24歳、今までの黄門様シリーズの助さん格さんに比べると、若返ったイメージだ。

国民的番組とも言える「水戸黄門」に対する注目度は、かなり高いはずだ。
少しでも面白くなければ、視聴率に影響する昨今。

黄門様に武田鉄矢を迎え“なるほど面白いかも”と思える一方で、助さん格さんが“こんな若くて大丈夫か?”と心配になることも事実。

いかにそのプレッシャーに耐えるか、この二人の起用がどう番組に影響するのか…気になると言えば気になる。

BS―TBS「水戸黄門」
10月スタート、水曜19:00

記事下アドセンス




フォローする

すぽんさーリンク



新「水戸黄門」の助さん・格さんはジュノンボーイ出身のイケメン!