香取慎吾,草彅剛,稲垣吾郎の映画『クソ野郎と美しき世界』はオムニバス4編

以前から告知されていた香取慎吾、草彅剛、稲垣吾郎の映画『クソ野郎と美しき世界』の内容が明らかになった。

「クソ野郎と美しき世界」というタイトルを聞いても具体的なイメージが沸かなかったので、気にはなっていたが…さて、どんな内容だろうか?。

スポンサーリンク


最初、彼らが映画を撮ると聞いた時、‟誰が主役をするんだろう?”と思っていた。ふたを開けてみたら、なんとオムニバス映画で、しかも4篇だった…なるほどそれもありか。

香取慎吾、草彅剛、稲垣吾郎のオフィシャルファンサイト「新しい地図」によるオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』のあらすじと各作品タイトルが発表された。

一応、出ている内容をまとめてみると…

・オムニバス映画
・4作品のうち3作品は、おのおのが主演
・それぞれ、監督が脚本を書いている
・公開期間は2週間

というところか…。

2018年4月6日~2週間限定の全国公開
「新しい地図presents『クソ野郎と美しき世界』」

各タイトルとあらすじ

〇『ピアニストを撃つな!』
全力で走る女、フジコ。フジコを追う不気味なマスクをした極悪人「マッドドッグ」。彼らが向かう先には天才ピアニスト。
出演:稲垣吾郎恋に落ちたピアニスト
監督・脚本:園子温

園子温監督といえば、綾野剛主演の「新宿スワン」が記憶に新しい。

監督の作風は、バイオレンス、狂気、猟奇的な描写が多いイメージがある。そんな監督と稲垣がどんな映画を作るのかちょっと楽しみかもしれない。

〇『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』
歌を食べて生きる少女「歌喰い」と歌えなくなったアーティストの不思議な関係。

出演:香取慎吾歌を食われたアーティスト
監督・脚本:山内ケンジ
ウィキペディアではCMディレクターの肩書があった。舞台演出家ともあり、その数は…どちらも結構すごい。映画でもそういう「色」が出るものだろうか?

スポンサーリンク

〇『光へ、航る』
失った息子の右腕を探す旅を続ける夫婦。2人が沖縄の海で出会ったのは・・・?

出演:草彅剛…息子を亡くした父親
監督・脚本:太田光

監督は、もちろんお笑い芸人爆笑問題の太田光だ。彼は、お笑いもやるが、文筆家でもある。調べてみると映画も過去に1本撮っている。見ていると破天荒な部分もあるので、映画もそういう感じなのだろうか?と思ってしまうがどうだろう。

〇『新しい詩(うた)』
夜な夜なクソ野郎たちが集まるダンスフロアで繰り広げられるショー

出演:クソ野郎★ALL STARS
監督・脚本:児玉裕一

児玉裕一監督は「リオ五輪閉会式の五輪旗の引き継ぎ式」の時の制作チームのチーフ映像ディレクターとしてマリオの映像とか手掛けたらしい。

CMや安室奈美恵、椎名林檎、Perfumeなどのミュージック・ビデオを手掛けているというから、そういうところに注目して、映画をみたら面白そうだ。

一応HPを参考にして「あらすじ」や彼らがするであろう役柄をそれぞれ振り分けてみた(間違っていたらごめんなさい)。

未だに「元SMAP」って書いてるニュース記事あるけど…

こうしてみると、本来監督っぽい監督は、園子温監督一人。その他はCMディレクターで舞台監督、映像ディレクター、お笑い芸人、と、他の道でも活躍している監督だ。それが、映画にどいういう風に表れるのか、という期待感はあるね。

香取は、長年やっていた「おじゃマップ」が3月いっぱいで終了、と発表があったばかり。慎吾のレギュラー番組がとうとう無くなるので、ファンは悲鳴をあげているに違いない。

ま、それでもこの映画の発表は、そんな彼女たちには明るいニュースになるだろう。

ちなみに…私が見たニュース記事にはいまだに「元SMAPの…」と出ていた。もう、この冠は外してもよくない?付けなくても、殆どの人はわかると思うし…何か決まりがあるのだろうか?

この「元」ってつけるの…なんか未だにSMAPの亡霊を無理やり引きずらせているみたいだ。彼らは「元SMAP」ってつけられるの嬉しくない、と思うんだけどな…

スポンサーリンク