「無料スーパー」「無料ケーキ」なぜ無料?:所さんお届けものです!

29日放送の「所さんお届け物です!」のテーマはゼロ円商品。以前も放送し好評だった人気企画の第3弾。「無料で、貰える、食べられるもの」の紹介だった。その中で、今話題の「無料スーパー」を取り上げていた。そこにあるもの一人5点まで…なぜ無料なのか?その理由がわかった。

スポンサーリンク


今回、所さんに知ってもらいたい3つの箱の中身は…
・タダで食べられる「ケーキ」
・タダで貰える「ペットの靴」
・「無料スーパー」」

ペットの靴の情報は、別ページで紹介しているので、

所さんお届け物です!で紹介された犬の靴がタダ(無料)の理由とは?

ここでは「タダで食べられるケーキ」と「無料スーパー」の内容をまとめてみた。

365日いつでも無料のケーキが食べられる?

江東区の「藤堂プランニング」

この店は、もともとホールケーキしか売ってないお店。なので試食はカットして出されるのだが、その大きさが普通のショートケーキほどの大きさなのだ。10種類以上のケーキを客に提供しているという。オーナーは有名レストランで18年間パティシエを努めたほどの腕前。

〈無料の理由〉

・満足度はある
・いい気持ちで帰れる
・試食以外の商品を買う
・リピート率は高い

あくまでもケーキを買うための試食で出している。もしカット売りしていれば1億以上の売上があったはずだが、試食した客のほとんどが買って帰るらしいのでそれ以上の売上があるということか…なるほど。

近くなら行ってみよう!

スポンサーリンク

一人5点まで「無料スーパー」

東京都、多摩市
「シェアマインド」という会社が2ヶ月前から始めた「全商品無料」のスーパーマーケット。
狭いが約300点の商品(食料品等)が置いてあるそうだ。

・賞味期限は大丈夫
・1人5点まで
・月1度開催

所に送られたBOXの中に入ってたのは合計5000円相当の商品それが全てタダ。

〈なぜ無料なのか〉

すべて寄付された商品だから。
・食料品の提供者がいる
・飲食店や一般家庭から寄付される
・食べきれないもの、お歳暮お中元の食べないもの
・取りに行くこともある
・備蓄の入れ替えなどでもらう

日本の食品ロス年間630万トンある

現在日本の食品ロスはなんと年間630万トンになるらしい。これは、日本国民全員がお茶碗1杯のご飯を捨てているのと同じ量。松本さんがこのスーパーを始めるきっかけは、外国の無料スーパーを知ったため。彼女は日本の食品ロス問題を多摩市から解決しようと立ち上がったのだという。

次回の開催は…

11月5日日曜日
10時~14時
場所:親子カフェWithCo
(詳しくは「シェアマインド」で)

所は「やさしい人が多いんだね」と言っていた。
思いがけないことだが、考えてみれば、余っている、食べないもののなんと多いことか。
賞味期限が過ぎて捨てるくらいなら、その前に誰かにもらってもらおう、ということだ。

その手間が面倒くさい、が誰かがやってくれるなら、こういうスーパーも成り立つのだ。
みなタダと言うが、借りている店舗代、回収する時の車のガゾリン代などは、どうやって捻出しているのだろう?

そのうち、こういう店が増えるのだろうか…
日本は平和な国だ。



フォローする

スポンサーリンク