新型たばこ、煙や臭いはほとんどないが、ニコチン問題はある?

新型タバコといえば
今のところ
「Ploom TECH(プルーム・テック)」「iQOS(アイコス)」が人気を2分しているようだ。

どちらも葉たばこを
直接燃やさないので、
従来のたばこに比べると
煙や臭いがほとんど
気にならない。

が、この新型たばこ、煙や臭いがないからといって、体にはどうなのよ?という疑問の声があがっている。



新型タバコといえば…
今人気があるのは、「Ploom TECH(プルーム・テック)」と「iQOS(アイコス)」が有名だ。

加熱して蒸気を吸うので「ヒートスティック型たばこ」とも呼ばれている
どちらも葉たばこを直接燃やさないので、従来のたばこに比べると煙や臭いがほとんど気にならない。

なので今の時代、肩身が狭かった愛煙家の間でかなり人気がある。

が、一方で、「新型たばこが身体に及ぼす影響について未解明の部分は多い」という専門家の声もあるそうだ。

新型タバコのしくみ

・「Ploom TECH(プルーム・テック)」(日本たばこ産業)
「専用器具に入った液体を加熱して蒸気を発生させて、たばこの葉が詰まったカプセルを通して吸う」
なので、煙が出ているように見えるが、実は霧だ。

・「iQOS(アイコス)」(フィリップモリスジャパン)
「専用キットに挿入した葉たばこを電気加熱して、出てきた蒸気を吸う」
こっちは、多少の臭いがあるという。

問題のタールとニコチンはどうなの?

タールとニコチン。
これが、たばこに含まれているので、身体に悪いといわれている。

プルーム・テックモアイコスも間接的に、ではあるが葉たばこを使っているわけだから、実際どうなの?という疑問が出てくるのは、当然だ。

タールはどうなの?

※タール…有害物質(ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、他)
Ploom TECH(プルーム・テック)にはタールはゼロ
iQOS(アイコス)の場合は「9割以上削減」しているそうだ。
350度で温めて発生させる微粒子の水蒸気のタール含有量は、従来のたばこの1割以下。

これは、理屈で、納得できる。

たばこの有害物質は、燃やされることで、空気中に放出される。
だが、この2つは加熱して蒸気を吸うのだから、基本的には、タールは体内には入ってこないというわけだ。

ニコチンはどうなの?

※ニコチン…アルカロイドの一種の有毒物質、即効性があり、依存性がある

アイコスは、ニコチンを含んだ水蒸気を吸引できる仕組みになっている。
プルーム・テックもニコチンに関しては、たばこと違いがない、そうだ。

…結局、このニコチンが入っていることによって、愛煙家を納得させている感があるのは否めない。

なぜ表記がないのか?

この2つには、従来のたばこについているはずの分量表記がない。

タール・ニコチンの摂取基準は副流煙で計るものらしい。
水蒸気の場合、測定できない。

表記も国の法律で、記載義務がない。

それだけのこと、らしい…。




専門家の見方

・喫煙が肺がんなどに影響あるかどうかは、数年立たないとわからない。新型たばこも身体への影響はまだわからない。

・「リスクを緩和する可能性はあるが、低減するとは申し上げにくい」とJTも言っている。

・厚生労働省の報告書によると新型たばこにはニコチンが含まれているので「喫煙者および受動喫煙者の健康へ悪影響を及ぼす可能性は依然として大きい」そうだ。

zyudou

・医大の先生の話…新型たばこは、周囲が気付きにくいので「安全と証明できていない成分が吐き出される。禁煙の場所で使って良いものではない」  ※朝日新聞より抜粋

発売からそれほど経っていないことからも専門家は、簡単にいい答えは出せないようだ。

ニコチンをなくせば「たばこ」ではなくなる。
「たばこ」ではなくなれば、喫煙人口が減るだろう。
結果、国の税金もJTも困ることになる。
かといって、喫煙者のマナーや受動喫煙の問題は相変わらず深刻だ。

新型たばこを公共の場や食事する場所で認めるかどうか、ということも自治体によって違っている。
これについては、以前記事にしたことがある。

⇒新型煙草の規制…自治体によって違うという話

と、いまだにいろいろあるようだが…

新型たばこには、タール摂取の心配がなくなったことで健康被害の心配は、無いかもしれない。
がニコチンの問題は、まだ残っている、というのが、現状のようだ。