新型煙草の規制…自治体によって違うという話

新型煙草を
「路上の喫煙を規制する条例」で
規制するかどうか…
政令市によって違うらしい。

スポンサーリンク


現在、政令市20市が喫煙規制に
関する条例を制定している。

が、新型煙草に関しては
(福岡と熊本以外)が見解を示したらしい。

新型煙草とは

「火を使わず、煙が出ない、
電気加熱式たばこ」のこと。
昨年9月から
全国の主要都市で販売が開始された。

充電式の器具に専用の煙草を装着する。
あとはそのまま吸うだけ。
充電式なので、1本に付き
吸う時間や回数に限界がある。

味は、本来のものと殆ど変わらず
全く火は使わない。
匂いも無いらしい。

ただ、吸った本人の口から煙は出るわけで
それは、受動喫煙にならないのかどうか
…疑問になる。

このようなものなので
「路上の喫煙を規制する条例」に
含めるか、含めないか、
その政令市での対応が違っている
というのはわかるような気がする。

スポンサーリンク

規制対象外の市が意外と多い

規制対象外としているのは
仙台市・札幌市・さいたま
千葉・川崎・相模原・新潟
静岡・名古屋・大阪・堺
神戸市・北九州の13市。

規制対象外の理由は
新型タバコが「火を使わない」から。

条例の主目的
「タバコの火による他者への
身体・財産への危害防止」なので
新型煙草は該当しない
ということだ。

ただし相模原は
当面の対応であり
正式発表ではないらしい。

「今後、新型たばこへの苦情が
多ければ検討し直す」
と話しているそうだ。

規制対象にしている理由

一方、規制している市は、
横浜・浜松・京都・岡山・広島の5市。

規制の理由は「法律上の煙草に該当
としている。
煙草の葉を使い、通常の紙巻煙草と
法律上同じ位置づけ、ということだ。

横浜や浜松、広島は、
吸い殻のポイ捨て防止」の
観点も理由にあげている。

【新品未開封】【送料無料】【正規品】【あす楽】iqos navy iQOS-NAVY- アイコス ネイビー iqos navy

今なら楽天でも購入できます。

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

すぽんさーリンク