岡山の道の駅で毒キノコ販売…食用シメジにそっくり!見分け方は?

道の駅で「ハタケシメジ」(食用キノコ)として販売されたキノコが、実は、有毒な「クサウラベニタケ」だった…

道の駅「風の家」で販売されたこのキノコを鍋にして食べた60歳代~70歳代の男女2名が嘔吐や吐き気の症状が出たらしい。
その家族を診た病院からの通報でこのことが発覚した。

スポンサーリンク


9月25日、岡山県真庭市の道の駅「風の家」で、野菜売場に出荷されていた「ハタケシメジ」5パックの中に、有毒きのこの「クサウラベニタケ」が混入していた。

中毒症状が出た家族は、親戚が道の駅「風の家」で購入したキノコを分けてもらい、26日に鍋にして食べたらしい。
その1時間後、家族2人に嘔吐や吐き気の症状が出た。

27日、岡山市内の医療機関から岡山市保健所へ「きのこによる食中毒を疑う患者を診察した」との通報があった。
販売店を管轄する真庭保健所が残品を回収し、岡山県森林研究所において鑑 定した結果、ハタケシメジとして販売されたきのこが有毒きのこの「クサウラ ベニタケ」であることが判明した。岡山の保健所のPDFより抜粋

クサウラベニタケとは

クサウラベニタケの別名

調べてみるとこのクサウラベニタケは、色や形が、食用きのこの「シメジ」に間違えられることが多いようだ。
そして地方によって、呼び方もまちまちだ。
・めじんなかせ(岩手,青森県)
・にたり(埼玉県,前橋市,大分)
・あぶらいっぽん(前橋市)
・ささしめじ(金沢市)
・にせしめじ(秋田,青森地方),
・うすすみ,さくらっこ,どくよもだけ,どくしめじ(秋田県),
・いっぽんしめじ(岩手,新潟,富山,長野県)
・あしぼそしめじ(埼玉)
※厚生省HPより

中でも特に顕著な名前として「名人泣かせ」というのがある。
(ま、毒キノコにはよく付けられる事が多いセカンドネームでもある)
それほど食用のシメジに似ているからだろう。

他には「一本シメジ」という名前。
多分これは、生え方の特徴で、食用シメジと見分ける一つの目安なのだろうと思う。
そう、シメジの多くは、数本、根がかたまって生えているのだ。
それに対しこの毒キノコ(クサウラベニタケ)は1本で生えているのが特徴だ。

生え時は、これから。
夏から秋にかけて広葉樹付近に生えるようだ。

スポンサーリンク

クサウラベニタケの見分け方(ハタケシメジと比較)

・傘はねずみ色か灰褐色
・傘の表面に繊維模様がない
・ひだは薄いピンク(白)
・もろい

クサウラベニタケを食べると出る症状

間違えやすい食用キノコ

クサウラベニタケが間違えやすい食用キノコは、ウラベニホテイシメジ,ホンシメジ,ハタケシメジ。
写真を見る限りウラベニホテイシメジは特に似ている気がする。

中毒症状

中毒症状は食後20分~1時間程度
嘔吐、下痢、腹痛、発汗など。

道の駅「風の家」のその後

風の家のHPには、「25日に野菜売り場で『ハタケシメジ』をお買い上げいただいたお客様へ」というコメントが出ていた。

・9月25日にハタケシメジを購入した人への呼びかけ
・9月27日から10月1日まで野菜売り場での「野生のきのこ類」の販売を停止したこと
これが理由かわからないが
・予定していた風のまつり10月2日(日)が中止になったことなどだ。

心ある対処だと思う。

よもや道の駅で、毒キノコは売っていないだろうと思うし、良かれと思って買ったお土産が毒キノコだったという親戚の気持ちを考えると、可愛そうな気もする。

それほどと言ったら失礼かもしれないが、生命の危機もなかったようでもある、良かった良かった。

これらからは、キノコの季節、毎年このようなニュースが出る。
くれぐれも気をつけて欲しいものである。

きのこ中毒にならないため4原則

知らないきのこは、絶対に
①採らない、②食べない、③売らない、④人にあげない

厚生省のHP…毒キノコによる食中毒に注意しましょう

⇒http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/kinoko/

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

すぽんさーリンク