やっと決まった新国立競技場のデザインと組織委員の会長の失言

先日「新国立競技場」のデザインが決まった。
決まったA案は別名「「杜の隈さん」の案とも言われていたらしい。

設計者が「隈」さんでタイトルが「「杜のスタジアム」
だから「杜の隈さん」だそうだ。

…やっと決まったか、と思ったのもつかの間、何やら、いろいろ後からいろんなことを言っている人がいるようだ。

スポンサーリンク


・点数の付け方がおかしい
・大成建設ありきの決定だ
・ザハ氏のデザインに似ている
・神宮に寺はおかしい…

決まってから、いろいろ言う奴が出てくるのはわかっているけど…もう、いい!

審査員が、不正でもしていないかぎり、この決定でいいんじゃないの?と言いたくなる。

こんなことで、また、白紙にでもしたいんだろうか…。

組織委員の会長の失言

そしてまた、B案がいい、といい「A案は木を使ったり、モロッコかASEANのどこかの国のお墓のような感じがした」といった森元総理。

この発言で世論はA案指示が圧倒的だったそうだ。
これは裏を返せば、森さんが嫌い、あるいはこの人のいうことは、正当でない、と感じている人が多いという現れだと思う、私も含めて。

何故、この人がオリンピックの組織委員の会長なんだろう?

国立競技場の建設費が高いという批判が出るとザハ氏のデザインを「生牡蠣みたいで嫌いだった」と日和見的なことを言った。
さらに「国がたった2500億円も出せなかったのか」(7月)とも言ったという。

オリンピックの色々な問題に対して「私は関係ない」「権限がない」と堂々と言いきっている。なら、その肩書は何なんだ?と聞きたくなる。

かと言って「みんなが(五輪準備の不手際の)責任取れとか何とか言うから、いっぺん坊主にしたほうが楽だから。それだけだ」(10月)と髪を短くしたことで責任とったつもりでいる…

こんな考えの人が上にいるから、今回のオリンピックは、ごちゃごちゃしてしまっているんではないかと思う。

そして、A案決定後、インタビューする側も感想を聞いていたけど(これもどうかと思うが)、これにはさすがに答えていなかった。誰かに何も言うなと口止めされていたんだろうな、とさえ思ってしまう。

せめて、今後は黙っていてほしいと思っているのは私だけではないはずだ…。

sizukani1

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

すぽんさーリンク