五輪スカーフ即日完売!公式グッズ売れ行き好調で小池知事喜ぶ!

東京オリンピックの
大会公式グッズのエンブレムをあしらった
「東京染小紋(とうきょうそめこもん)」の
風呂敷兼スカーフが
11日の発売開始後、
その日に完売したという。

1枚1万1000円という値段にも関わらず、すぐ売れたということで小池知事も喜んでいるようだ。

スポンサードリンク


どんな風呂敷兼スカーフなのか?

東京 2020公式オリジナル商品「ジャパンプレミアム」という特別な商品のようだ。

基本色は藍色。
そして、東京オリンピックの大会エンブレムに使われている「組市松紋」を白抜きした、爽やかなイメージのデザインだ。
デザインしたのは、(デザイナーの)野老朝雄さん。

・素材:絹
・サイズ:H70㎝XW70㎝
テーブルクロス、スカーフやストール、ネックチーフとしても使えると書いてある。

…なかなか素敵だ。
でも、テーブルクロスにはもったいないだろう…絹だし。

HPを見ると、「ジャパンプレミアム」として、同じような、デザインのトートバックもある。
コチラは「横浜捺染」と書いている。
もちろん、品切れだ。

再入荷の予定もありそうなので、欲しい人は時々HPをチェックしておいたほうがいいだろう。

東京2020 オフィシャルオンラインショップ
⇒https://tokyo2020shop.jp/

この他にも公式グッズとして、「ポロシャツ」「ピンバッチ」「ハンドタオル」キーホルダー」なども販売している。
さらにアニメのキャラクター(ワンピースやドラゴンボールなど)商品も幾つかある。
マグカップや弁当箱など子供におすすめだ。




売上は、まだまだ足りない

公式グッズの場合、ロイヤルティ―として売上の5%が組織委員会の収入となる。
これまでの売上は約15億円。

使用料収入の目標は約140億円。
売上だけで2800億円必要だという。

まだまだ足りないようだが、このロイヤルティが収入目標の柱になるわけではないという。

が、今後は目玉である大会マスコットが決まる。
そうすれば、もう少し売上に貢献してくれるだろう。

今度こそ、問題なくすんなり決まってくれることを願う。

記事下アドセンス




フォローする

すぽんさーリンク



五輪スカーフ即日完売!公式グッズ売れ行き好調で小池知事喜ぶ!