長く入れ過ぎ?でポッカの缶入りコーンスープ変色!でローソン一時販売中止!

今月1日、コンビニのローソンで購入した缶入りのコーンポタージュの「中身が変色している」と、製造会社に連絡が入ったらしい。

そのためローソンは、全国の店舗でこの商品の販売を一時中止にすると発表した。缶入りコーンスープ、これから売れる時期なのに、これは痛い。

スポンサーリンク


じっくりコトコトコーンポタージュ

問題の缶は

ポッカサッポロフード&ビバレッジ
「じっくりコトコトコーンポタージュ」
190g

 by 楽天

冬になるとコンビニのレジ横や目の前の保温箱に入っているとつい、買ってしまう。温まるし、つぶつぶのコーンが結構入っているし、美味しい。その粒を最後まで食べきるのにいつも苦労はするのは、わかっているのだが…

そう言えば、このコーンを全部飲み干す裏技もTVで紹介されていたから、結構人気のある商品だろう。

メーカーと什器製造会社、共同での調査する

過度な加熱が原因か?

今回のこの件について、コーンポタージュのメーカー(ポッカサッポロフード&ビバレッジ)と什器製造会社が共同で調査したらしい。

それによれば…

購入したのは大阪府のローソンだったそうだ。
この店舗で販売していた加温什器(缶飲料を温める装置)に入っていた商品を回収して、中身を調べたところ数本が変色していた。

変色する理由

過度な加温によって、食品の「糖分」と「アミノ酸(またはタンパク質など)」が化学反応を起こすと褐色に変化する現象、と判断した。

一方、加熱していない在庫の商品の中身は変色していなかった。そのことから加熱によって変色した可能性があるのではないか、ということだ。

その他、

病原菌(大腸菌群・大腸菌・黄色ブドウ球菌・セレウス菌等)も見つかっていないので、健康に影響もない
・この店の加温什器の異常もない

結論
何らかの原因でこの商品が「高温または長期間加熱されたもの」と推測。だが、その原因の特定には至っていない、そうだ。

ちなみに、メーカーでは加温什器(缶飲料を温める装置)は「60℃以下及び2週間以内の加温」としているそうだ。

スポンサーリンク

他のコンビニでも売っていたような…

今のところ、公にこの商品を販売中止にしているのはローソンだけだが、この商品を売っているのはローソンだけではなかったはずだ。他のコンビニ(セイコーマート?)や、どこかの自販機でも見た記憶がある。

他のところでの動きは今のところ見当たらない。他は、問題ない、と思っているということか…。

個人的に思うこと…

最初は“焦げたのか?”と思った。取り出した時って、結構熱いから、そういうこともあるんだろうな、と。でも“あれで、60℃ぐらいなんだ”と初めて知った。

ところで…
問題の缶を売ったこの店は「60℃以下及び2週間以内の加温」というマニュアルを正しく実行していたのだろうか?意外と、1ヶ月ぐらい、入れたまんまだったんじゃないの?と、疑ってしまうのだが、どうだろう。

もちろん「万が一、一ヶ月入れたままなら、変色する可能性がありますよ!」とメーカーも伝えておくことも必要かもしれないけれど。

今回の騒動は、「商品回収」ではなく「一時販売中止」だ。
もとより調査で「商品に問題ははない!」と出ているのだから。

ローソンだけが、一時販売停止の裏には「マニュアル徹底の支持や確認」の意味も大いにあるかもしれない、とちょっと深読みしてしまう。

マニュアル守らないから、みんなに迷惑かけちゃったじゃないか!みたいな…
(なんて、他に原因が見つかったら、ごめんなさい)

何れにしても、この商品ブランド「じっくりコトコト」は缶の他にもお湯を入れるカップスープ、粉タイプのSOUPもある。そちらに影響がでなければ、いいが…どうかな?

ユーチューブ「コーンポタージュのコーンを残さずに飲む方法」



フォローする

スポンサーリンク