「陸王」恒例!予想外キャスト次回は松岡修造!キーマンでレギュラーデビュー 

現在放送中の日曜劇場TBSの「陸王」は、
内容は、もちろん面白いが、
次々と起用される新キャストも
注目されている。

そんな中、第7話から出演するのが
あの松岡修造だという。
熱い男というイメージのある彼だが、
さて、どんな演技を見せてくれるだろう…

スポンサーリンク


今夜の「陸王」で、あのテラハのてっちゃんが出る、という話は前回書いた。この番組の役づくりために走り込んだ、という話も聞こえている。

⇒陸王に「テラハのてっちゃん」こと菅谷哲也が「茂木より有力な選手」として出演!

その彼の演技も楽しみだが、早くも次の第7回から新レギュラーとなる新しいキャストの話題が出てきた。

物語は次の佳境に…

原作から予想される「ネタばれ」で得た情報によれば…

こはぜ屋はやっと茂木に、レース用のシューズを履いてもらうところまでたどり着いた。彼の活躍によって、未来が開けていくようにも思われるのだが、今後こはぜ屋は、また苦しい状況に追い込まれていくことになる。

その窮地に、よくも悪くも関わってくるのが、アメリカのアパレルメーカー『フェリックス』。その社長「御園丈治(みそのじょうじ)」を松岡修造が演じる。

彼の役どころは「ビジネスに対しては冷静に分析ができる敏腕社長」。雰囲気から、悪者のイメージは全く予想できない。

結果的には…おっと、これは内緒にしておこう。

ピカピカの背広が似合いそうな男という意味では、制作側の彼を起用した意図がなんとなくわかるような気もする。役者としての松岡修造を見たことがないので、彼の演技はかなり気になる。

スポンサーリンク

陸王は、役者として有名ではない有名人を起用して話題に

「陸王」は、これまで「役者」として有名ではない有名人を数多く起用していることでも話題になっている。

例えば、第3話に出た高校教師、栗山役で、鳥居みゆきが出た時はネット上がざわついていた。ドラマの舞台である行田市出身で観光大使、撮影された高校は鳥居の母校というエピソードもある。

ライバル会社アトランティスの営業、小籔千豊も芸人としては、有名だがTVドラマの役者としては初めて見た。

シューヒッター役の市川右團次は、たま~にTVドラマにも出ているようだが、歌舞伎役者でもある。高島屋という屋号を持つ本物…顔を見ればなんとなくうなずける。

さぁ、今日の放送、楽しみだ!

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

スポンサーリンク