佐川急便の身代わり出頭の報酬は2万~2万5千円也!やすくね!?

佐川急便の駐車違反をした運転手(社員)に
「身代わりという手があるよ」と
提案したのは、係長だった。

しかも出頭した人への報酬
(違反した運転手が払った)は
2万~2万5千円だったらしい。

組織的犯行、呆れた運送会社だ…



以前(9月)、佐川急便のトラック運転手が駐車違反をし、その身代わりで出頭した人物が普通免許しか持っていなかったことで、警察に身代わりがばれたという記事を書いた。
http://www.takumi-inv.com/sagawa-parking-violation-scapegoat

この事件発覚後、佐川急便に家宅捜索が入った、というところまでは、覚えているが、まさかこんな事だったとは…

佐川急便係長ら6人が逮捕!

佐川急便の東京営業所の運転手が駐車違反の検挙を逃れるため知人に身代わり出頭させていた問題で、警視庁は社員6人を犯人隠避教唆と犯人隠避の容疑で逮捕した。

6人のうち3人は佐川急便東京営業所の係長。

佐藤謙二(35)
高橋竜一(41)
当時運転手の田郷真人(31)

いずれも結構若い係長だなぁ…

ほか3人は…出頭役、出頭役を紹介した男など(元社員、とその弟、委託先の社員の男)だ。

逮捕容疑、内容は?

罪状は「犯人隠避教唆」と「犯人隠避」。
「道路交通法違反」もあるようだ…。

今回の逮捕は、2014年と今年の4月の身代わりを受けてのこと。
男性社員が駐車違反を高橋係長に報告

高橋係長は、他郷主任に身代わり出頭の依頼を支持

出頭した男性は2万5千円の報酬をもらい…2万円の反則金を支払った。

ん?反則金は、この内から払ったのか?
(まさかね、自分だって2点減点になるのに、+5千円は、ないよな…安過ぎだろ)

ちなみに係長や支持した人間は「犯人隠避教唆」
身代わりをした方は「犯人隠避」となる。
結局、この事務所では、20件以上、このような事が繰り返されていたようだ。
さらに2013年以降、この営業所では、身代わり出頭させた経験のある運転手が30人以上いたという話も出ている。


「身代わり出頭」の背景にあるもの、とは

「係の運用がうまくいかなくなる」と高橋容疑者。
「上司の話は、断れなかった」という部下の話。
昇進にも影響する…。

委託業者側も、立場が弱い。
だから、断れなかったのかもしれない…

それにしても、会社も社員も誰も、このような不正を止められなかったのだろうか?

確かに「身代わりを立てるなんて、やってはいけない」と言うにはかなり勇気がいる。
止めたところで、仕事に支障をきたす、会社にはいられなくなる…
結果、生活が守れなくなる。
怖いことでもある…

「会社や生活を守る事が、最優先」の風潮は、何もこの会社だけではないだろう。
が、やはりちょっとひどすぎる。

佐川急便にとってこのニュースは、これから年末にかけて、稼ぎ時なだけに、ちょっと、痛い。