いきなりエイズは40歳以上に多い!?検査は保健所で無料!

いきなりエイズとは…

「だるいな、熱も数日続くし…風邪かな?」と思って病院で診察を受けたら「貴方はエイズを発症しているかもしれません」と医者に言われることだ。

これは、かなりのショックだろう…

スポンサーリンク


「いきなりエイズ」が40歳以上の中高年に増えているらしい。
「いきなり団子」なら美味しくて、大好きなお菓子だが「エイズ」とは穏やかではない。

ここで一応おさらいだ。

エイズとは?

「Acquired Immuno Deficiency Syndrome」の頭文字を取って「AIDS」と呼ぶ。

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)に感染し、抵抗力や免疫力がなくなって病気になってしまった(発症した)状態 。
日本名は「後天性免疫不全症候群」。

見るに堪えない皮膚の病気のイメージがある。
一昔前には不治の病と恐れられていた。

実は「いきなりエイズ」の前に「いきなりHIV」という言葉がある。

いきなりHIVとは

HIVとは、あくまでも「ウィルス」のこと。
感染している(ウィルスを持っている)状態のことを言う。

だから「いきなりHIV」の方は
「だるいな、熱も数日続くし…風邪かな?」と思って病院で診察を受けたら「(血液検査の結果)貴方はHIVに感染しています」と医者に言われることだ。

これも、結構ショックだ。ただ…

HIVに感染しているが、幸運にもいまのところ「エイズではない」というところが、救いだ。

2015年の新規HIV感染報告者は1434人。
その中で「いきなりエイズ」患者は428人。
そのうち男性は409人だったそうだ。

なぜ40代以上に多いのか。

いきなりエイズ率を年代別に見ると
40歳未満が19%。
40歳以上約40%以上。
50歳以上では約50%以上。

これをふまえると、40歳以上のHIV患者の約2人に1人は、発覚した時点でエイズを発症していたということになる。
40代以上に患者が多い原因の一つに1986年、1987年に起きた「エイズパニック」があるらしい。

エイズパニックとは

『1986年』…外国の出稼ぎ女性のHIV感染発覚
『1987年』…日本人初のエイズ患者

いずれも売春行為をしていたという噂があり、関係者が社会から拒絶される、という事態が起こった。
魔女狩りという名目で顔写真が公開されたり、保健所への相談者が殺到したそうだ。
当時はHIVやエイズの知識も浅く、恐怖が先走ったのだろう。

さらに感染経路とされる行為が、あまりよろしくないイメージがある。
なおさら、そこから秘密がバレたら大変だ!という思い少なからずあるのだろう。

こういう時代背景から「エイズは怖い病気」「検査なんてやりたくない」という思いが強い年代なので、結果「約半数がいきなりエイズ」だったと予測される。

HIVやエイズは、今は怖い病気ではない

1980年代、エイズは発症したら1~2年で命を落とす「不治の病」と思われていた(私もそう思っていた)。
だが今は、薬も進歩し、HIVやエイズは、怖い病気ではない、という。

40年延命したという例もあるそうだ。
だから、正しい知識をもっているに越したことはない。

HIVに感染すると…

⇒感染後2~4週で風邪に似た症状が出る。数日で症状は軽くなる。
⇒無症候性感染期に入る。5~10年の潜伏。

ここ(エイズ発症前)で発覚した場合、薬でHIVウイルス量をほぼ検出不能にすることができるらしい。

⇒エイズ発症

完治は難しいが、抗ウイルス薬治療を続ければ、延命可能。

スポンサーリンク

HIV検査で分かれる天国と地獄

HIV検査をして結果が「いきなりHIV」か「いきなりエイズ」かでは、天国と地獄の差がある。

検査の結果が陽性「HIV」の場合、薬だけでほぼ普通の生活を送ることができる。
平均寿命まで人生を全うすることができるのだ。
そして、他人に感染させないようにすることも簡単だ。

エイズを発症してしまったら、いくら薬があるとは言え、身体へのリスクは大きい。
完治もしない。
だからこそ少しでも早めに知り、治療すべきなのだ。

検査は「結婚前のマナー」という声もある

HIVに感染する経路は、何もよろしくない行為だけではない。
輸血感染や、母子感染もある。

もっとも残念なのは、過去の恋人がHIVを持っていたのを知らず、感染していて、今の恋人や伴侶に感染させてしまうことだ。
そうならないためにも、HIVを持っていたとしても「よろしくない行為をした」と決めつけ責めたりしないこと、心当たりがあったらすぐ、医療機関に行って検査をすることだ。

結婚する前に検査結果をお互いに差し出すことが「結婚前のマナー」という声もある。

ちなみに…保健所でHIV検査を受ければ匿名でいいし、無料だ。

郵送で人知れず検査する方法もある

・性病検査STDチェッカー…HIV/エイズを悩んでいる方へ

・GME医学検査研究所…性病・エイズ・がん検査を自宅で早く安く確実に!

・株式会社ふじメディカル…HIV感染症/エイズ どんな病気なの?

・株式会社宅配ドクター…自宅で簡単エイズ検査

高血圧の薬も、ある意味「死ぬまで飲む薬」だ。
それを考えたら、今はHIVも「高血圧症と似たような病気」といえなくもない。

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

すぽんさーリンク