糖尿病予備軍のタカが検査結果Cで決断!1ヶ月で8㌔成功!

ミクシィの新作スマートフォンゲームアプリ
「ファイトリーグ」開幕宣言イベントに
GACKTとタカトシが登場した。

そこで、タカが
1ヶ月で8kgの減量に成功したという
関係ないトークで笑いを誘ったという。

そう言えば、このイベントの写真を見ると確かに少し痩せた気がする。
どういう経緯があったのか、どんなダイエットをしたのか気になったので調べてみた。

スポンサーリンク


タカ減量のきっかけ

「5月24日から約1カ月間、8キロの減量に成功しました…」

実はタカは1年に1回の人間ドックの血液検査で糖尿病予備軍と言われたらしい。
その後、子供の顔を見ていたら「こいつが大きくなるまで生きたい」と思ったという。

検査結果は「Cくらい」だったそうだ。
(たぶん、判定記号 A~E のCということだろう)
再検査では医者に「大丈夫だけれど、痩せたほうがいい」と言われたそうだ。

糖尿病予備群とは

糖尿病予備群とは「糖尿病ではないけれど糖尿病になる可能性が高い」人のことを言う。
別名「糖尿病の境界型」とも言う。
(リアルに「糖尿病になるかならないかの境界」って言うことなんだろうな、と思う)

健康診断の場合、空腹時血糖値というのを調べることが多い。
(人間ドックの場合は、多分もっと詳しく調べるのだろうが)

空腹時血糖値110~125mg/dL の人が「糖尿病予備群」だ。
それより下 54~109mg/dLなら「正常」126mg/dL以上なら、残念!「糖尿病」だ。ま、この時点で医者から何らかの指示(ほぼ)入院を勧められるだろう。

健康診断書の判定記号

タカの言う検査結果「C」判定の正確な数字は分からないが…

区分と判定は以下の通りだ。
A…正常
B…略正常
C…要経過観察

Cは医師のアドバイスを参考に、とあるぐらいだが…
ここからは医師の指示を受けることと言われる

D…要医療
E…要精密検査
F…要治療継続

G…要再検査「異常がありました」と書かれる。
H…要専門医受診

これを見るとB判定までは、正常の範囲だろうと予想できる。
多分C判定は予備軍の中でも軽い方だろう。

と言っても痛くも痒くもないので、生活を変えないで放っておくと数値は増えるらしい。

スポンサーリンク

タカの減量の方法は「炭水化物抜きダイエット」のようだ

さすが芸能人だ。
最初は、TVのダイエット企画の乗ろう!と思ったらしい。

が、人気があるらしく「待ちになる」と言われたそうだ。
「待ってたら、糖尿病になる」とTV企画は、諦めた。

結局、炭水化物や油ものを抜くダイエット自分でやることにしたらしい。
その結果、約1ヶ月8キロの減量に成功した、ということか…すごい!

相方のトシによれば…
タカは、甘いものは食べないが脂っこい物が好きなのだが…食べていない。
サラダをマネージャーに買ってきてもらったり、そばしか食べなかったりと、タカがダイエットを頑張っている様子を明かした。

私も糖尿病だが、今は薬も飲んでいない「健康体」だ

自分で食事を制限することは、実は最初はできそうで、できない事が多い。
何故なら、そんな事ができるなら、最初から太らないはずだ。

ただ、炭水化物抜きダイエットは比較的楽な方法だと思う。
炭水化物を抜くことに慣れれば、実はそれほど難しいことではないことに気づくからだ。

タカが「(減量で)朝も調子がいい」と言ったそうだが、身体も生活も少しずついい方向に向かっていることが実感できてくるのだ。

経験上、1日3食のうち「夕食は炭水化物を取らない」と決めるところから始めると楽だと思う。

(夏場はきついが)うちは、とにかく野菜をいっぱい入れた鍋を結構やった。
サラダを一人3人前ぐらい用意した。
という具合だ。

気になる人はやってみたらいい。

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

すぽんさーリンク