高木京介投手(元巨人)は「違法スロット(闇スロット)」にも出入りしていた…

野球賭博で、記者会見した巨人の高木京介投手が違法な「闇スロット店」に出入りしていた事が発覚した。

2013年から2014年にかけて1回10万円ぐらいの勝ち負けがあったという。

スポンサーリンク


発覚!

巨人は、先の野球賭博問題をうけ球団員299人にヒアリングした。

その結果、高木と、もう一人が2013年から2014年にかけて、数回、闇スロット店を訪れていたらしい。
※闇スロット=違法スロット

高木と同伴した選手は「野球協約違反にならない」ということで公表されていない。

このヒアリングでは、他にも「賭けゴルフ」42人、賭けトランプ23人が経験あり、と答えたらしい。

野球賭博問題、高木の処分

高木京介は、先日、野球賭博をしていたことを記者会見で認め、謝罪していた。

・NPB(日本野球機構)からの処分
22日、NPBの熊崎勝彦コミッショナーは、高木投手を1年間の失格処分とした。

そして巨人には管理監督責任として制裁金500万円を科する、とした。

・巨人からの処分
高木京介との契約解除を発表した。

高木京介は、1年間だけガマンしたら、プロ野球の活動がまた出来るようになる。

もちろん、巨人にも復帰を申請できる。

闇スロットとは

今回のニュースで出てきた「闇スロット」
法的に認められていないので「違法スロット」とも呼ばれています。

suroto

私は昔、結構パチスロにはまっていたが、闇ではなかったと思う。
街場にあるパチンコ屋とどこが違うのだろう?

スポンサーリンク

闇スロ店の特徴

改造したパチスロ遊技機を使用している。
・パチンコ店と異なり営業許可を受けていないので看板を掲げていない。
・入口から中が見えない、入口に鍵がかかっている。
・マンションの一室

日本電動式遊技機工業協同組合・回胴式遊技機商業協同組合HPより抜粋

その他にもすごい換金率、というウワサもあるようだ。
(例えば、通常1枚20円のメダルの換金率が50円、中には100円もあるらしい)

無許可営業で改造した遊戯台となれば、勝ちも負けも相当半端ないのではないだろうか。

高木は10万ぐらいと言っているらしいが、多分それ以上のお金が動いているんじゃないか、と想像できる。

コレを聞いて、自分も打ちたい!と思った人はいるかもしれないが…

闇スロは打つだけで「賭博罪」になるそうだ。
50万円以下の罰金

巨人は、今後警察に相談するつもりらしいが…さて、どうなるか。

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

すぽんさーリンク