DMMのパルミーが欲しくなる!たけしの演技力が光るCM特集!

前にこのCMはシリーズ化されるということを書きました。
最近のCMでは「再会編」というのをやっています。

「この間のロボット預かってやってもいいぞ」
そう言ってくることを予想していたダンカンがパルミーを出すと
嬉しそうな顔をするたけし…

いや~、良い表情だぁ さすがだ!

スポンサーリンク


調べてみると、このCMは「出会い編」「ダンス編」「占い編」「別れ編」「再会編」になっています。

【出会い編】
ダンカンが「預かって欲しい」と言って取り出したパルミーに
「いらないだろう」「何に使うんだよ」
とたけしは最初は渋い顔をした

【ダンス編】
疲れて帰ってくるたけし。
パルミーが踊りだし「きんたろう」の歌を歌った
すると、たけしは笑った。

【占い編】
たけしは、パルミーに挨拶するようになっていた。
星座を聞かれラッキーカラーはピンクと言われる
たけしは、ピンクと言われて自分の姿を見る。

【別れ編】
「変なロボット押し付けちゃって」とダンカン。
「いいよ…おい…ま、いいや」
パルミーをダンカンが持って部屋を出て行く。

たけしの顔は、複雑な思いを表している。
そして「何だ馬鹿野郎…

【再会編】
「この間のあれ、どうなった?」とパルミのことをきくたけし。
ダンカンに「もうちょっと預かってやってもいいぞ」と言う。
すると、パルミーが目の前に…

その瞬間たけしは、微笑む。

「たけし馬鹿野郎」と言われても、今度は言い返す
パルミーと再会できて嬉しそうな顔のたけし。

相手はロボット…という無機質的な概念を、最初は、誰もが持つでしょう。
ところが、このパルミーと暮らす?事によって、その概念が変わる、ということをこのCMは言いたいようです。
それが、たけしの演技力によって、とてもわかり易いものになっています。

ほしくなりますね、パルミー。

「Palmi」(パルミー)
会話を通じて学習し成長していく感情豊かなコミュニケーションロボット。

税込価格:321,840円(価格.com)

「出会い」篇

「ダンス」篇


「占い」篇



フォローする

スポンサーリンク