ヤバい!ドラマ「アンナチュラル」2転3転する結果にわくわく!これは面白い!

三澄 系「敵はなんだ?」
中堂ミコト「不条理な死」

この言葉から三澄(石原さとみ)と中堂 (井浦新)のこの仕事に対する真摯な気持ちが伝わってくる、なんともすごい、面白いドラマが始まった。

スポンサーリンク



このドラマは「『逃げ恥』の脚本家が書いたドラマ」という振れこみだったので、興味本位で、見たつもりだった。が、2転3転する結果や内容に次々と引き込まれていった。

ヤバい!面白い!

金曜ドラマ TBS「アンナチュラル」とは

「不自然死究明研究所(UDIラボ)」で働く人々の人間ドラマを中心に描きながら、毎回さまざまな「死」を扱いながらも、スピード感と爽快感を持って、「死」の裏側にある謎や事件を明るくスリリングに解明していく、一話完結型の法医学ミステリー by HPより

「法医学は未来のための医学」…死んでいる人より生きている人を治す臨床医になろうかと考えていたバイトで医学生の久部(窪田正孝)。ミコトのこの言葉を聞いた彼は、ここで働くいていくうちに、いずれ身をもって、この言葉の意味を知ることになる…予感。

法医解剖医の三澄ミコトが勤める「不自然死究明研究所(UDIラボ)」に持ち込まれた“不自然な死”(アンナチュラル・デス)を遂げた怪しい死体。

突然死した息子「高野島 渡」の両親が警察医の見立てである「虚血性心疾患」(心不全)を疑い、もう一度調べてほしいとUDIラボに願い出たのだった。

1つ目の死因予想「名前のない毒」

ミコトたちが調べていくうち、死因は心疾患ではなく、急性腎不全で、毒薬ではないか?という疑いを持つが、毒物が特定できない。
さらに同僚である同じ会社の女性も突然死していたことがわかる。

亡くなった息子の恋人である馬場路子が優秀な毒物の研究者であることから、彼女が三角関係のもつれで二人を殺したのではないかと疑いの目を向けるUDIラボのメンバー。

そんな時、亡くなった二人の持ち物の中に共通のお菓子を見つける。だが、そこからも毒物は見つからない。

悩むミコト…

2つ目の死因「マーズ」

その後、記録員でバイトの久部が、仕入れてきた情報により、そのお菓子は死んだ「高野島」が出張した先のサウジアラビアのお土産だったこと、三角関係がデマだったこと、「高野島」が風邪気味だったことなどを知ったミコトは、急いでパソコンで何かを調べ…

その結果、高野島の死因が「MERS(マーズ)ウィルス感染症」(中東呼吸器症候群)だったと判明した。

その後、TVでこの事が発表され、MERSは感染力が強いことから大騒ぎになる。UDIラボの所長の新倉(松重豊)もTVで記者会見をする。

この事により「高野島 渡」が国内にMERSを持ち込んだとして、両親が世間から非難を浴びることとなる。

葬儀場で非難されている家族を見つめるミコト。ミコトに謝る両親…そこに現れた息子の彼女の馬場。ミコトに「渉さんは無実だ。帰国後、彼は、健康診断をした。良性だった」と、病院から届いていた封筒を見せるが…

ミコトは「健康診断ではコロナウィルスは見つからない」と言い、さらに検診を受けた病院「東央医科大学病」も検査しなければならないと言う。

…結果、病院で8人のマーズ感染者が確認された。

ミコトが馬場に高野島 の健康診断書を返す。そこで「パンを食べませんか?」と馬場にパンを差し出す。「そんな気分じゃない」という馬場にミコトは、「そんな気分じゃないから食べるんです」というと、馬場は一口食べ、泣きながら「なんで美味しんだろ、こんな時に、嫌になっちゃいますね」という。

普通はここで終わり!と思うだろう(実際、録画だったし、私もここで終わりなんだな、と思った)ところが…

スポンサーリンク

3つ目、本当の死因

高野島に貰った指輪を夕日にかざし見つめる馬場から、彼が出張から戻った翌日、一緒の夜を過ごした、と聞いたミコトは、何かを思いついた顔になり、その夜の事を詳しく聞こうとする…。

ミコトはUDIラボのメンバーでに、高野島の今までの経緯を説明する。
高野島の恋人である馬場は、帰国後、高野島と一夜を過ごしたにもかかわらず感染していないことを踏まえ、高野島は東央医科大学病院で院内感染したのではないか、と仮説を立てた。が、証拠がない。

そこに現れたのが中堂 。東央医科大学病院で最近死人が多いというデータを証拠と言い差し出す。だがミコトはそれでも証拠にはならない、とあきらめかけた時、中堂は、マーズ疑いのありそうな東央医科大学病院の患者がおととい死んだばかりで、今日、あと30分で火葬だと言う。

ミコトは久部のバイクに乗り、急いでその火葬場に向かう。
驚く遺族をかき分けて、火葬が始まったばかりのスィッチを止るミコト。

遺体は、取りあえず無事だった。その後、遺族に解剖の許可をもらいに行くというミコトに久部は中堂からあずかった解剖許可証を差し出す。だがミコトは「いらない。機械は強制的に止めても人に強制はしたくない」と言う。

その後が東央医科大学病院の病院長がラボに訪れる。所長から「感染源が病院ではないか」と知らされるが「我々が被害者だ」と言い張る。そのころミコトは、火葬される前の遺体解剖を始めていた。

所長の新倉に不審なところを突っ込まれるもしらばくれる病院長。
そこへ解剖が終わったミコトが駆け込んで「遺体からマーズウィルスが見つかった」と報告する。そして病院長に「ウィルス漏れを隠すことは『名前のない毒』をばらまくことと同じ」さらに「死ななくていい人が大勢死んだ…。賢明なご判断を!」と言い切るミコト。

そして、最後に「…高野島さんの名誉の回復を、ご遺族が生きていくためにも」と言い残し、部屋を去る。

その後、病院長は辞任会見を開き謝罪。高野島 悟の濡れ衣は晴れた…。

アンナチュラルを見て…

つい、いつもの癖であらすじを書いてしまったが…

台詞がなかなか、深い。最初に出てきた言葉が後で、また現れる(「異性間交友」とか「法医学は未来のための医学」とか)。内容が内容だけに真面目な時もあるが、時々ポンポンとくる時もある。この感じは、逃げ恥でも感じたことだ。

ミコトは仕事に追われ、恋人とうまくいかず…しかも過去に何かありそう…。
ここで流れる米津玄帥の歌「Lemon」もいい歌で、なかなか効果的な入り、だった。

医大生でアルバイトの久部は、ここで何かを学ぶことになりそうだ。彼の存在は、今後を更に面白くしていくことになりそうな予感もする。

中堂は未だわからない存在だ。が、キーワード「赤い金魚」。今後いつかドカンときそうだ。ミコトの友人でもある東海林(市川実日子)もいい味出してる。

次回は、早くもミコトの正体(養子で過去に事件?)がわかりそうだ。

かなり面白い!今後も見るぞ!

記事下アドセンス

スポンサードリンク

フォローする

スポンサーリンク